町造(まちぞう)日記

所沢のまちを元気で魅力的にするための拠点となるべく、生まれたお店です。

まちづくりが見えてくるとき

明日より「所沢飛行場物語 町場と飛行場」の展示が始まります。
店内1
髭爺を中心に準備に追われていましたが、時々中を見に入っていらっしゃる方もいて、「展示準備中ですけどどうぞ」と髭爺は説明をしたりしながらなので、なかなか進みません。
打ち合わせ
今日最初のお客様は大学関係の方・・・
この町でどうやって若い人の力を引き出していくか?とか
様々なお話を伺ったり・・話させていただいたり・・・
今までもたくさんの「まちづくり」「まちを元気に」という方々が
まちぞうを訪ねていらっしゃいました。
が、いつも思うこと・・・

本当にそうなったらどんなに素敵だろうとか・・・夢も語られるのです。
そして私もそれにおこたえして、さまざまなことを語り合ったのですが
いつもそれっきり・・・
ビジネスの方も、教育関係の方も、まちづくりをお仕事にしている方も
どなたからも「それから」のお話が聞けないことが残念でたまりませんでした。
もちろん、すべての方がそうだとか
それぞれ理由も、事情も違うのでしょうけど
それきりのお話になってしまうことが多かったように思います。

ところが旧店舗から数えて6年目に入ってくると
「ところざわ」の認知度も、評価も?変わってきたのでしょうか?
かなり具体的なお話を伺えることが多くなりました。

たぶん私自身がそれまでわからなかったことが少しは見えてきたことが大きな原因なのでしょうが
それにしても、あとひとつ何かがあれば実現につながり
継続につながりそうなことが見える機会が多くなったのです。
後は、本当にチャンスだったり、タイミングだったり・・
もしかしたら恋愛のようになにかビビビっときたら実現できそうな感覚も持てるようになってきたのです。

今日お越しくださった先生とのお話も
地元の大学のみなさんといっしょに動いたとしたら・・・
そこに高校生は?中学生、小学生も・・・
縦につながる姿が見えてきたら?
もしかしたら、確かな最初の一歩が踏み出せるような気がしてきました。

ここ数年、この町にいてこんな小さな変化がとてもうれしい毎日なのです。


実は今朝は8時半に役所に出かけて9時半過ぎに出社。
そのあと社会福祉協議会にも出かけて行きました。

前者は5月の「とことこタワーまつり」7月の「野老澤行灯廊火」の件で
後者は12月の「サンタを探せ!2011」関係のお話しです。

この間にも10月のところざわまつりの話や
10月15日のボニージャックスコンサートの話など
本当に出来の悪い「脳みそ」にはなかなか覚えきれない種類の話の内容です。

午後は、雨が降ったり止んだりなので、雨の合間を縫って中央公民館に展示していた、行灯廊火フォトコンテスト作品展を片付けに行きました。
作業1
作業2
いつもながら片付けるのはあっという間です。


このあとも、お客様が・・
商店街のかたもよく顔を出してくださり
今までのイベントや、企画についての感想やアイデアを伺うことも多くなっています。

今日 最後のお客様とは「所沢航空発祥100周年記念式典」の打ち合わせ。
9月19日の敬老の日にミューズで式典と記念公演が開催されます。
こうやって実行委員も町のお店の皆さん方が携わり
手作りの 心のこもった式典となるようで楽しみになってきました。
店内2


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://machizounikki.blog39.fc2.com/tb.php/992-07600de5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad