町造(まちぞう)日記

所沢のまちを元気で魅力的にするための拠点となるべく、生まれたお店です。

まさか 梅雨明け?でもあるまいに・・

さて、行灯作業も二日目となりました。
なにしろ、地下の倉庫から120余の行灯を持ってくるだけで
指がつったり、腕がプルプルしたりで
昨日は暑さとでへとへとでした。

でも、今日は冷房も入れていただいたお部屋で
スタッフのみなさんが昼から張り切って
和紙を剥がし、乾かしたうえに
新しい紙を貼り始めてくださいました。

作業
まちぞうが工事で中に入れないため
色々な方にお願いをして
何とか行灯廊火に間に合うような作業をさせていただける場所を探していたので
こんなにゆったりと作業の出来るスペースを貸していただき感謝に堪えません。

行灯
皆さんが作業をしてくださっている間にも
まちぞうには「是非、うちも参加したいのです」というお電話をいただいたり
お店を回らせていただいても
「昨年同様・・」「今年は是非とも・・」と
暖かいお声と、ご協賛をいただいております。

私も大汗をかきながら
保育園へのチラシ配布や協賛金をいただき店に戻ってくると・・
おおぉ、急に空が!!
ame
お日様が覗いているのに、激しい雨が。
ame2
あと少し遅く戻ってきたらこの雨にあっていました。

実はスタッフが作業をしている部屋からは
素晴らしい虹が見えたそうなのですが
まちぞうのポスターの間から覗く小さな四角い空には
虹を見ることができませんでした。

そして、夕方6時過ぎ
いったんまちぞうに戻ってきたスタッフが今度は7時から9時までの
「第三回 野老澤行灯廊火」の打ち合わせに出席です。
昼過ぎから働いてもらっているので
休憩なしに、かれこれ8時間労働です。
本当にまちぞうのボランティアスタッフには毎回感謝。感謝です。

こういうスタッフの力が積り
様々な大きなイベントのベースを作ってくれているのでしょう。
まさに「所沢」の広報をしてくださる有能なスタッフです。
町を作り、動かしていく力のもとはまさに「志ある市民」なのかもしれませんね。
kaigi
年齢だって上は髭爺と同級生の仲良しI子さん,R子さんコンビから
下は今日出席の最年少スタッフの大学生のK君。
(いえいえ、今回は小学生スタッフもたくさんいましたね)
お勤め帰りのKさんに、Nちゃん。
埼玉ブロンコスのTさんも参加です。
昨日、今日と行灯作業から会議に出てくださったたくさんのスタッフ。
それに商店街のみなさんや、役所のスタッフやらボランティアの方・・と
本当にまちぞうの幅の広さを感じてしまうのでした。
そしてポスターを作ってくれたり
データを調整するなど本当にみなさんが自分の時間を工夫して
様々な形で協力してくださっているのです。

これを時給にしたら、一体いくらかかってしまうんでしょうか?
商店街の皆さんが、商店街の仲間うちで
それぞれ出来ることを、自分達のためにやるのでしたら
お互い無償や実費で作業をするのは当たり前かもしれませんが
こうやって直接自分に関わりのないことにまでも
惜しげもなくその「能力」を差し出してくださる。
このみなさんの姿が見えるから、私たちはもっともっと頑張らなくちゃいけなんですね。

まさにカウントダウンの「行灯廊火」
所沢駅から何枚のポスターやチラシを見かけるようになったでしょう。

そして今日もマスコミから取材依頼の電話とメールをいただきました。
みなさんに興味を持っていただくからこそ
しっかり町中を回遊していただき
この町の魅力を感じていただけるような
そんな「お祭り」にしたいのです。

少しずつ、少しずつ・・
皆さんのお声が形になったり
聞こえなかった声を聞かせていただけて
今年の行灯の「灯り」はきっと今までにもないくらい
温かなものになることだと信じていきます。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://machizounikki.blog39.fc2.com/tb.php/947-4a95dff0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad