町造(まちぞう)日記

所沢のまちを元気で魅力的にするための拠点となるべく、生まれたお店です。

今、甕(かめ)を割るのはだれ??

毎朝・・・
Sちゃんがお店に来る前にすることの一つに窓ガラス拭きがあります。

けさ・・
いつものようにシャッターを開けて窓ガラスを拭こうとしたら
なんと桜の花びらがぴったりガラスにへばりついていたのです。
はがすのにも一苦労するくらい、押し花のようにくっついていたんですよ。

昨日、千葉の方で「竜巻」のような突風が起こり
車や建物の屋根を飛ばしたという報道がありましたが
このまちぞうのある所沢市元町でも一転にわかに掻き曇り
強風・大粒の雨・・・そして雹(ひょう)が降るという異常な天気に見舞われました。

そんな強風のせいで、いつもはこの通りでは見られないさくらの花びらが
どこからか舞ってきてついていたんですね。
なんだか、地震・・異常気象と本当に心が落ち着かない毎日です。

さて、今朝も朝から商店街の方がお見えになったり
まちぞうは賑やかです。

と、ドアが開き・・つい最近お目にかかったようなお顔が見えました。
「あぁ・・」
「昨日はお休みなのにすみませんでした。
今日は是非、この方にも見せていただきたくて・・」

実は昨日の午後、どうしても店内をご覧になりたいとおっしゃる方がお見えになったのですが
今日は、そのお仲間をお連れになったのです。
なんでも東村山からお見えになったとか・・・

御案内をしているうちに、店内奥にある戸棚のところで足が止まりました。
「これは・・・」
2304261
彼の目に留まったのはまちぞうのリーフレットの中にも載せています
引き戸の一つです。
2304264
これは『司馬温公の甕(かめ)割り』という図だそうです。
古く中国の故事から取られたものだそうで・・・

こんな話だそうです。

中国宋代の政治家・学者の司馬温公がまだこどものころ、
いっしょに遊んでいた友達が
水をはったおおきな甕に落ちておぼれかけた。
その甕は温公の父が大事にしていた甕であったが
温公はひるむことなく甕の腹を叩いて割り友達を助け出した。
それを知った父は、怒るどころか
温公の行いを褒め、称えたというような話。

このお話を伺っているうちに「原発事故」のことを思い出しました。

この「甕」にあたるものを今の政治に携わっている方は大切にしているのでしょうか?
そして、その「甕」を今、割れば助かるものもあるのでしょうか?
なんだか考えさせられるお話でした。

「甕は高価であってもお金で買える、人の命はお金では買うことのできない大事なもの、人の命を大切にせよ」
ということなんでしょうね。きっと・・

丁度、戻ってきた髭爺とこのまましばらくの間お話なさっていたお二人のお客様。
あとで伺うとまちぞうスタッフSさんと東村山での活動で御一緒なさっているとかで
お互いに良くご存知だったようです。
そのほかにも髭爺とどうやら共通の方を御存知のようでした。

2304263

そして、私はその後「とことこタワーまつり」の会議へ。
今日はSチャンが用事があって早退したため、いつも書記をしてくれる有能なスタッフがいません。
それでもなんとか話し合いを進め・・・
いよいよカウントダウン体制に入っていくのです。

銀座通りの商店街の皆さんも「銀座ワゴンセール」の品物を
まちぞうに運んできてくださって、店の中はだんだんダンボールでいっぱいになってきました。
2304262
そしてGWにこんなイベントを発見。
Assyさんは8日の「とことこタワーまつり」の中央公民館のライブにも参加してくださるようです。
残念ながらJAY‘Sの皆さんは遠方にお出かけ中。
JULEPSの皆さんはGWに名古屋でのライブもあるんだとか・・

所沢のアーティストのみなさんの活躍は国内に広がっていって嬉しいですね。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://machizounikki.blog39.fc2.com/tb.php/891-b0f7cb28
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad