fc2ブログ

町造(まちぞう)日記

所沢のまちを元気で魅力的にするための拠点となるべく、生まれたお店です。

余震が続く中・・・

まちぞうが休業となって一カ月が過ぎました。

一番心配なのは・・・Sちゃんの体調です。
もちろん地震だけでなく日頃の疲れも出たのでしょうが。

3月11日の地震以来、Sちゃんだけでなく
多くの方が心身ともに不調を訴える方が多くなっています。
あの日のショック・・・
一向にやまない「余震」
原発の報道・・・何を信じればいいのか分からない不安・・・

みなさん、被災地にいるわけではないのに・・・
もっともっと大変な人がいるんだから・・・という思いが
きっと余計にご自分を苦しめているのかもしれません。

16年前の震災では私の親戚が芦屋で被災したのですが
テレビ画面の中の出来事のようにとらえることが多かったことを思い出し
今、深く反省してしまうのでした。

いま、私たちが心身ともに健康でいることこそ、復興への道につながるんだ。
時間はかかるかもしれないけどやれることから始めていこう。

早くみんなに自然な笑顔が戻るようになりたい。

店の外
このところ、まちぞうの店の前には足を止めてくださる方が多くなっています。
22日から町造おとなりの「きもの はいや」店舗で開催予定の
「竹時計とあかり いんてりあざっ華展」の看板は大人気。
縦看板
この看板の上にかかっている時計の文字盤は
なんと「秩父銘仙」で貼られているのです。
そして文字は押しピンに一つ一つ銘仙を巻きつけて作られていて。

この展示会に2年以上も時間をかけて準備なさった高橋さんの「心意気」を感じます。


そして、フリーマーケットの受け付けは思った以上に順調。
40区画を募集していますが、あますところあと15区画となりました。
昨年も参加くださって楽しみにしてくださっている方もお越しになりますが
今日は店の前を通りかかった親子さんが
「参加してもいいですか?」といらっしゃいました。
新しく参加してくださる方も含め、たくさんの方が地域を軸にして集まってくださる。うれしいですね。

この公園が当日たくさんの笑い声と笑顔にあふれるように一生懸命準備をしなくちゃ・・・
中央広場
今日も今回のとことこタワーまつり打ち合わせでのTさんが見えます。

この間もお話ししましたが
一年も前から日程・内容など月一回、実行委員のみなさんと打ち合わせてきたのですが
この震災の後・・・中止を始め、多くの意見が行き交い
結局、昨年よりも開催決定が大きく遅れてしまったのです。

商工会議所青年部との調整、各商店・商店街などとの連絡
今回は所澤神明社の大きな御神輿をみなさんに見ていただこう・・・など
細かな打ち合わせが重なってきます。

そして今日は「東北復興」への具体的な案として
東北地方のお酒を販売できないか?ということがでてきました。
お酒を飲んで・・とうことはちょっと気が引けるという意見の中
東北のお酒を購入していただくのはどうであろうか?というのです。

銀座協同組合の日野屋酒店さんにTさんと伺いました。

東京堂1
すると、すでに銀座通りにある東京堂時計店のYさんが話を進めていてくださっていて
スムースに打ち合わせをすますことができました。
そこで、二人で東京堂さんへ細かな調整に伺ったのですが・・・

すごーーい。
店内がイメージ一新。すごく素敵なアナンティーク調に変わっていたのです。
東京堂2
時計の柄のお皿はたいへん貴重なもののようだし
その手間にある「掛け時計」わかりますか?
煙草の箱より小さいものなんですよ。
東京堂5
そのほかにもがんばれば購入できそうなもの
どうがんばっても購入できそうにないもの?など
店内は宝箱のようになっていました。
東京堂6

これが東京堂さんの店の前にある時計です。
この目印を探して5月8日の「とことこウォークラリー」も是非楽しんでください。

東京堂7
さて、そんなうち合わせをしていたら私の携帯にメールが・・
Sちゃんから「お客様がお待ちです」

いけない!時間を忘れてました。
猛ダッシュで戻ると「ところざわ自動車学校」のAさん。
今日は学校案内を持ってきてくださったのです。

東狭山ヶ丘にある「ところざわ自動車学校」さんでは
昨年9月の「長唄三味線 伝の会」公演の前には
学校内にポスターを貼ってくださったりいろいろご協力いただきました。

今学校では、シルバードライバーのさまさまな講習に力を入れていらっしゃるとのこと。
どうですよね・・・
これからは私のようなドライバーがどんどん増えていくんですもの。
新しく免許を取る若い人達用だけではなく
安全に運転をしていけるような講習が必要になってくるんでしょうね。
自動車学校

4月23日(土)
庚申講のポスターが面亀さんから届きました。
ねぎし交差点(ファルマン交差点)を七世橋方面に進んで行くと
左側に駐車場があります。
そこの狭い道を入っていった所 左側に「川端霊園」
その向かい側が「庚申様」です。
当日は午後3時ころまでは重松流のお囃子があるそうですが天候によっては時間も変更になる可能性ありです。
庚申講

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://machizounikki.blog39.fc2.com/tb.php/884-6a264773
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)