fc2ブログ

町造(まちぞう)日記

所沢のまちを元気で魅力的にするための拠点となるべく、生まれたお店です。

未来への「バトンタッチ」

本日より復帰いたしましたSです。
休んでいる間に、4月になっていました。
長いこと自宅にこもっていましたので久しぶりに外に出たら、今日はすごい風でしたが、もう刺すような冷たい風ではなくなっていました。

でもまちぞうの中は相変らず寒くて、ジャケットとひざ掛けが離せません。

春はもう少し・・・かな。


さて、今日は5月8日に開催予定の「とことこタワーまつり」の打ち合わせがありました。


店を出ると、まちぞうのお向かいフォーラスタワーのお店はいつもどおり商品を並べ、お客さんがやってきて・・・
そんな日常を見ると、なんだかほっとします。
warujie

震災の影響で、準備が思うように進められず、様々な課題を抱える中・・・
商店街のTさん、Hさんと、いろいろな可能性をシミュレーションしながら、
開催時間は?どこで何をやるのか?
プログラムは?・・・
ひとつひとつ考えていきます。
04042
いろいろな意見はあるけれど、被災地でない地域まで元気をなくしてしまっては、日本が元気をなくしてしまうのではないか?
買いだめはいけないけれど、買い控えもよくないのではないか?
元気を出せるところは思い切り元気を出して、そのパワーを復興にまわすことができれば、みんなが元気になれるはず・・・
04041
そんな話をしながら、打ち合わせの時間は予定より大幅に長引いてしまったのでした。



以下、店長です。

実は、この「とことこタワーまつり」については

開催の是非を実行委員の中でまだ話しあっているところでもあるのです。


「震災の2ヶ月後に、「とことこタワーまつり」という祭り・・という名前は良くないのではないか?」

「祭り・・・は自粛して、売り上げをすべてチャリティにする目的を明確にしたらどうだろうか?」

「いや・・やはりまだ早いのでは??原発の影響はどうなのだろうか?」

「でも、被災地から遠く離れたこの所沢から「元気」を発信していきたい。
 今こそ、所沢を活性化していく・・それこそ日本の元気の発火点になるのでは?」

「ところざわ」を愛するみんなだからこそ
「日本」を愛する私たちだからこそ、悩み、考えているのだと思います。

そこで、今日は明日の打ち合わせの前に
考えられるものをすべて書き出し、実務スタッフの中で意見交換してきたのです。

いま、「あかり」を見つけないと・・・
今こそ「あかり」を灯さないと・・・
私 個人の中では、こんな言葉が繰り返されて聞こえてくるのですが・・・



先程、テレビで所沢市観光大使「JULEPS」の歌う
「バトンタッチ」が流れました。
これは娘を嫁がせる父親の心を歌ったものです。

今日このタイミングでこの歌を聴いたとき・・・
自分の子どもたちが結婚するころの日本はどうなっているのだろうか?
幸せにいられるのだろうか?
・・・と なんだか考えてしまいました。

子供たちの生きる未来は、元気で、活気ある日本であってほしい。
経済的にも活力ある社会であってほしい・・・と。


わたしたちは子供たちにどんな未来を「バトンタッチ」出来るのかなぁ?
出来れば、幸せの涙で「バトンタッチ」を聴いてみたいものです。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://machizounikki.blog39.fc2.com/tb.php/873-192c3745
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)