町造(まちぞう)日記

所沢のまちを元気で魅力的にするための拠点となるべく、生まれたお店です。

なぜ、羽子板市なのでしょうか?

今日は、昨日下見をされていたお客様が
再度ご来店。ご主人さまとじっくり羽子板をご覧になって
お買い求めになられて行きました。

(ここで購入するのが安心だから)

入れ替わるかのようにお見えになった生後3か月の赤ちゃんとママ・パパ、おじいちゃま、おばあちゃま。
201012231
真剣に、職人さんの話をお聞きになります。
201012233
羽子板の由来はもちろん、材料・素材・羽子板のことならなんでもお答えできてしまうのが
この「まちぞう 羽子板市」の魅力でもあります。

そして、今日も3本締めの威勢の良い手拍子が店内から、表の通りに響きます。
201012234

みなさん、この羽子板市でお買い求めになられるお客様は
まず、所沢人形協会のみなさんがこの「羽子板市」をなさっていることに
信頼感、安心なさってお越しになられると伺いました。

(実際に作られている方に説明していただけて
本当にうれしかったです・・・)

(初節句はもちろん、二番目の孫にどうしたものか?と考えていたけれど
ここで相談して、本当に素敵な羽子板を送ることができました)などなど。

所沢の「雛人形・押絵羽子板」が地場産業だということをご存知の方はどのくらいいらっしゃるでしょうか?

「所沢の押絵羽子板」

「所沢人形協会が羽子板市を開催」(日刊新民法報12月19日掲載)

まちぞうでは毎年「所沢人形協会」のご協力を得て
市内の皆さまはもちろん、関東近県の方にも
この所沢の産業である「押絵羽子板」を広くご紹介していただいております。

口にはお出しになりませんが、毎年12月17・18・19日の浅草 浅草寺での「羽子板市」のあとに
まちぞうで「市」を開いていただくのは体力的にも、大変なことだと思います。
しかも、販売が主たる目的ではないとご理解いただいてのことなので
羽子板が飛ぶように売れるわけではないのです。

ただ、「所沢の押絵羽子板・雛人形」のことを少しでも多くの方に知っていただきたい
そんな思いから・・・つまり「所沢市観光協会」のスタッフの気持ちで
所沢のPR役も買ってくださっていると思っています。

まちぞうはこの「所沢人形協会」の皆さんを始め
多くの「所沢」を愛してやまない皆さんに支えられていることをつくづく実感します。

そして25日に開催予定の
「サンタを探せ!2010」も全く同じ気持ちから開催しています。

地元所沢を元気で楽しい住みやすい町にもっともっとして行きたいと
地元の商店街や、町内、学校の方にも周知し、協力をいただいているのです。

「ガラポンの景品に人形協会もお手伝いしようね」
一日25日の準備に追われていた私のもとに
会長さんから突然にこんな声をかけていただき、
なんとかわいい「豆羽子板」を3枚プレゼントしていただきました。
ありがとうございます。

この他にも沢山の商店のみなさんからご協賛の品物をいただき
「サンタを探せ!2010」はきっと大盛況となるはずです。

所沢の歴史・産業・文化を伝え
新しいことにも積極的に取り組み、それを所沢の魅力にしていきたい。

まだまだかすかな一本の「糸」ですが
6年目のまちぞうの活動のその「糸」は切れずにずっと繋がっています。

これからも、みなさんのご理解、ご協力をしっかりつないでがんばります。


そして、2月6日(日)ボニージャックスとJULEPSの
中央公民館でのコンサートチケットですが
発売二日目でほぼ半分のお席が埋まってきました。

ボニージャックスさんが早稲田大学のグリークラブご出身ということもあり
所沢稲門会のみなさんも楽しみになさっているようです。

遠方の皆様にもお買い求めになりやすいように
今回はお電話でのお申込み、ご配送も承っております。
お早めにどうぞ!お待ちしております。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://machizounikki.blog39.fc2.com/tb.php/786-8e660f64
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad