fc2ブログ

町造(まちぞう)日記

所沢のまちを元気で魅力的にするための拠点となるべく、生まれたお店です。

重松流サミット2010 いよいよ6日に開催!

ojisan
本日最初のお客様。

明日の重松流サミットの日を間違えて来ちゃった・・・と
東村山からいらした方です。

伝承地囃子連の写真をじっくりご覧になり
「この人は○○さんだ」
など、お顔が広いご様子で、じっくり楽しまれていました。


kodomotachi

お昼ごろ、小学生の男の子のグループが来店。

我が家のように寛いで、店長とおしゃべりしている様子がほほえましいです。

その中の小さい子が

「まちづくりしょうてんって、なに?」

と聞いたら、

「所沢を宣伝してるところだよ」

って男の子が即答してくれました。

嬉しいなあ。

小学生も、ちゃんとまちぞうのことを知って遊びに来てくれているんですね。

sisi1

明日の重松流サミットの準備で、
まちぞうに展示してあった太鼓が運び出されました。

ウインドウがちょっと寂しくなったところ、
ちょうど重松流の伝統芸能を受け継ぐ若者が二人来店しました。

そこでさっそく展示を格好よく直してもらえないかお願いしてみました。

お二人は気持ちよく引き受けてくださり


ああでもない

こうでもないと

sisi2

中から外から何度も見ながら

sisi sotokara

とても素敵に展示してくださいました。

まるで中に人が入っているように立体的。

sisi-dai

おかめも奥からショウウィンドウに移動です。

okame

これで、二人揃いましたね。

ウィンドウが華やかになりました。
okametosisi
sisi-kingyobachi
と・・若い女性がふたり・・覗きこんでいます。

何をご覧になっているのかな?

fue1 fue2
実は、このお二人も明日の重松流サミットの出演者。

この「笛」が気になって、気になって・・・

「触っていいと言っていたわよ」

「恐れ多いよね、でも、そんなぁ…、この笛に触れるだなんて」

この世界、私が知らない奥深い世界なんですね・・・

伝統芸能を守り続けようとする心が幼稚園児からご高齢の方まで

それぞれの年代に浸透している気がしました。



気がつけば、今日のお客様の大半が「重松流関係者」のみなさま。

今回の「重松流サミット2010実行委員長」から、明日出演する小学生とその親御さんまで・・

すでにたくさんの皆さんがまちぞうの展示をご覧にお越しになりました。

さてさて、明日は約1000人の関係者が集まられるということですが・・・

すみません。まちぞうは一度にあんまりお越しくださるとパンクしちゃいますんで

そこのところ、よろしくです。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://machizounikki.blog39.fc2.com/tb.php/617-18fc4b41
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)