fc2ブログ

町造(まちぞう)日記

所沢のまちを元気で魅力的にするための拠点となるべく、生まれたお店です。

マンホールカードのお客様続々( ^ω^)・・・

IMG_0652_202302042103493f3.jpg
今朝はコートの前を開けて着ても大丈夫なくらい
でも、うっかりするとまた雪なんて割れるでしょうか?
まさに三寒四温
こういう気温が行ったり来たりの日が続かないと
本当の春はこないんだろうなぁ・・とおもう立春の朝です。
IMG_0651_20230204210349e35.jpg
綺麗に飾られた帯の下のひな壇
でも今この上に載っているのはネズミ除去器
超音波でネズミが近づかないようにしてくれるというもの。
全部で10器稼働しています。
IMG_0646_20230204210345cdf.jpg
この白いコードの先がそれです。
IMG_0648_20230204210346990.jpg
今日からいよいお雛様を飾っていくのでネズミにはここは来ないほうがいいよ。
を夕べから教え始めています。

今朝最初の仕事は
この机を手作り品販売コーナーにするために
桃色の毛氈を敷き詰めていきます。
IMG_0654_20230204210353f36.jpg
わかりづらいでしょうが、机の上にも桃色
壁紙も桃色に統一しました。
IMG_0655_20230204210442560.jpg
これができたら今度はいよいよひな人形の展示に入ります。
まずは昨年の展示写真を並べ
その団のどこにはどの人形をどのように並べていったかを確認していきます。
特にお雛様は台座、屏風がなるべくちぐはぐしないように注意します。
特に屏風の高さは微妙に見た目に英j狂します。
とはいえ、まちぞうのお雛様はお借りしたり、寄贈していただいたものが多いため
雛人形だけいただき、あとのものはありあわせのものや手作り品で対応せざるを得ないこともあるのです。
IMG_0657_20230204210444512.jpg
今日も手伝いにいらしてくださるスタッフの皆さんが来る前に
ある程度の作業の道筋をつけておかないと・・・
まずは屏風だけを置いて
離れた位置から全体のバランスを見て
その展示位置を確定していきます。
IMG_0658_20230204210448073.jpg
こうして最上段と二段目の二組のお雛様。
江戸時代、明治時代の町造を代表するお雛様に並んでいただいた後は
IMG_0661_20230204210448808.jpg
昭和の段飾り・・木目込み・・
大正時代の段飾り雛を飾っていきます。
IMG_0663_2023020421045194f.jpg
自分の家のお雛様を出すときも大変だと思われている方も多いでしょうが
ここでは何組ものお雛様を飾るので
一体一体出していくにも時間がかかります。
特にお雛様は冠やら持ち物が多いのでそれを付けていくにも手間がかかります。
IMG_0662_20230204210451450.jpg
しかもすべてが完品ではなく
もう冠がない、刀がない、笛がない、太鼓のばちがないなど・・
ないなりに飾っていく方法を考えます。
IMG_0664_20230204210451bb7.jpg
またこの雛段もありあわせの材料
段ボールやスチレンボードなどを駆使して作っていくので
くみ上げたあとに以外に高さがでなかったり、奥行きがなく微調整が必要になることもあるのです。
IMG_0665_20230204210454fee.jpg
今日のオールスターキャスト。
インテリアコーディネーターの資格をもつK子さんを筆頭に頑張っていますが
最もお雛様に精通してえいるSさんが
今年はどうしても参加できないために
細かなところで「あれ?どうだっけ?」
「これってこうでしたっけ?」が連発です。
IMG_0667_20230204210456728.jpg
こうして閉店時間を過ぎてやっと8割の展示ができてきました。
そして閉店後はまたネズミ駆除器をセットして帰るのでした。

そんな終日町造を大臣れる方の多くは
「マンホールカード」をお求めに見えるお客様。
事前に電話をいただき、店の前に車を止め大急ぎで受け取る方
タクシーでお越しにあり、ご本人となぜかタクシーの運転手さんの分もお持ちになる方
実にたくさんの「まちぞう初めまして」のお客様の来店です。

これがお雛様の展示期間が始まっていたら
ご覧いただけるのかな?と思っていたのですが
多くの方は次のカードをもらいに行かなくてはないため
お急ぎのご様子なのでした。

県内はもちろん、北海道、千葉など皆さんお仕事のついでに・・・
このカードのために今日は埼玉県を・・とわざわざお越しになる方も・・
中には「ここはいいけど、中には入場券を払わないとカードを配布しているところに行けないんだ」と
若干愚痴をこぼされる方もいらっしゃいました。

そんな中、雛物語を見に行きたいんだけど
町中のどこのお店にお雛様が飾ているのかを教えてほしいというお電話をいただきました。
千葉県にお住まいの方で毎年 あちこちのお雛様を見るのだそうですが
今年は所沢のお雛様を見に行きたいと思っているの・・と。
毎年こういったお電話・お問い合わせをいただくことがありうれしくなります。

さて 野老澤雛物語 初日まであと一週間。
展示がそこそこ形がついてきたら
今度は手作り品の展示に入っていくことになります。

そしhて3月12日の新三八市 時代着物市へ・・
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://machizounikki.blog39.fc2.com/tb.php/4108-9b247f56
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)