FC2ブログ

町造(まちぞう)日記

所沢のまちを元気で魅力的にするための拠点となるべく、生まれたお店です。

チャリティ筝コンサートは回を重ねるごとに満員となりました

1-DSCN5818.jpg
1-DSCN5819.jpg
昨日 店内を片付けて帰り
その後 残業していたらすっかり忘れてしまったこのポスター作り。
朝8時に店に入り、大急ぎで告知ポスターを貼りだしました。
時々覗くと、道行く方の足が止まるようです。
しめしめ・・少しは効果があるようですね。
1-DSCN5821.jpg
それなのに、風はどんどん強くなり
9時半のお箏の搬入のころには「自動ドア」を「手動ドア」にしなくてはなりませんでした。
展示品もすべてが飛んで行ってしまうほどの風。

11時からのコンサートにお客様がお越しになるでしょうか?
演奏者の横山さん、主催の「所沢のお米で日本酒を作る会」ゆめところの関係者の皆さんも不安そうなお顔です。

1-DSCN5824.jpg
1-DSCN5826.jpg
リハーサルに余念のない横山裕子さん。
1-DSCN5825.jpg

市長も開演前にお越しになり 11時からの1回目のコンサートを最後まで楽しまれていらっしゃいました。
1-DSCN5827.jpg
1-DSCN5830.jpg
横山さんからごあいさつの後演奏が始まります。
1-DSCN5844.jpg
お箏といえば・・といえばこの曲という「春の海」から
「未知との遭遇」?などなど
聞く人を飽きさせないセットリストになっていました。
1-DSCN5845.jpg
また、今回はヴィオラとの共演もありました。
お箏とヴィオラ・・初めて聴く音色は心地よく、スタッフルームで仕事をしていても、うっとりとします。
お箏とは違った「メリハリ」のようなインパクトも感じられるのに
いやではない、うるさくない、お箏を殺さない絶妙なバランスの「音色」を聴かせていただきました。

演奏が終わると本来の「チャリティコンサート」の目的の
「南三陸」へ復興支援に行かれたお話を
スクリーンに映し出される画像とともに伺います。
1-DSCN5837.jpg
1-DSCN5838.jpg
1-DSCN5839.jpg
演奏の後は 南三陸のわかめをお求めになられたり
皆さん、甘酒を召し上がったり 思い思いの募金をなさっていかれます。

このあと1時半・3時と各回 大入り満員となりました。
横山さんの堅苦しくないお話と
思わず引き込まれるようなヴィオラとの音色は
お越しになったお客様、みなさんに大満足となったようです。

そして・・今日は市内のいくつかの学校では「運動会」じゃなかったでしょうか?
朝はやや曇りぞら・・
昼過ぎにはパラパラと一時雨が降り出し心配しましたが
あとは日差しも強すぎず、運動会日和になったのではないでしょうか?

13日(日)のとことこタワーまつりのあの天候が恨めしく思い出されます。
が・・・
先週降って、今日降らなかったことで、どれだけのこどもたちが楽しい時間を過ごせたかと思えば
開催時間の半分は何とか降らずにもってくれていたのだから 感謝しなくてはいけませんね。


それにしても閉店時間の夕方6時を過ぎても
風は一向に弱まる気配がありません。
シャッターを閉めようとしても体が風に持ってかれそうになるほど。
明日は穏やかな日になるといいですね。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://machizounikki.blog39.fc2.com/tb.php/2888-a680ec1e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad