FC2ブログ

町造(まちぞう)日記

所沢のまちを元気で魅力的にするための拠点となるべく、生まれたお店です。

今年最強の風だったそうです。

1-DSCN1145s_20180411233025a49.jpg
1-DSCN1146s_20180411233026cf1.jpg
今日はクラーク記念国際高等学校 所沢キャンパスの入学式。
朝から小手指公民館分館に伺ってきました。
毎年入学式・卒業式とお招きいただいておりますのは
とことこまちづくり実行委員会主催の各イベントに
毎回参加してくださっているご縁からでしょう。


イベントで子ども達の相手をする生徒の皆さん。
(写真は昨年のタワーまつりでのクラークのテント)

そして今年は入学式に 校長である三浦雄一郎先生が見えました。
85歳とおっしゃる先生はあの有名な常にしょって歩いているという
大きな20kgのリュックを背負って会場控室にお越しになりました。
5kgの靴は今日は履いてこなかったとお話されていましたが
日々訓練・・は本当のお話だったので驚きました。

急いでまちぞうに戻るのですが
とにかく信号待ちしている車が持ち上がってしまいそうな風です。
1-DSCN5305.jpg
1-DSCN5308.jpg
もちろん手動ドアになっている店内に入ると
数十年ぶりに所沢に見えたという姉妹・いとこの4人組のお客様。
お昼を召し上がる場所を探されていたので
今日は直近でもある「新むさし」さんをご案内しました。

それにしてもすごい風。
まちぞう近くの元町交差点では自転車を押しても歩けない人。
帽子を飛ばされた園児・・・などなど
いつものビル風とは明らかに違うまさに恐怖の風が吹き荒れていました。

そんな中、かねてより今日お伺いする予定だった
近所のマンションに出かけました。

明治生まれのお母様、そのまたお母様の簪などがあるので
雛物語の展示に使ってください・・とお申し出くださったからです。

1-DSCN5309.jpg
可愛らしいかんざしや
1-DSCN5310.jpg
筥迫(はこせこ)
1-DSCN5311.jpg

1-DSCN5312.jpg
つまみかんざしもみえますね。
1-DSCN5313.jpg
これは初めて見ました。
貝殻の簪です。

また来年 雛の時期に展示させていただけるような着物類などを
頂戴してきました。
こうやってみなさんがまちぞうの展示をどんどんと楽しいものにしてくださるのですね。
感謝・感謝です。

1-DSCN5314.jpg
こちらの4人組は避難していらしたように店にお越しになりました。
お孫さんに「兜」を縫ってあげたいと
人形協会からお預かりしている「金襴地」を求めになられて行きました。

ということで、外出しようにも出られなかった今日。
簪をいただきに上がるときは
まさに必死に風と戦いながら出かけてきました。

明日は定休日。
そして明後日からもフル回転のタワーまつり準備です。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://machizounikki.blog39.fc2.com/tb.php/2860-7448a1ea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad