fc2ブログ

町造(まちぞう)日記

所沢のまちを元気で魅力的にするための拠点となるべく、生まれたお店です。

ほおずきのつるし飾り 最終回終了

1-DSCN4257.jpg
小さなお嬢ちゃまとお二人・・・
今日もお客様が見える中
1-DSCN4259.jpg
「古布で作るほおずきの吊るし飾り」
このお教室はいよいよ最終日を迎えました。
1-DSCN4260.jpg
ふと気づくと どこからか歌声がかすかに聞こえてきます。

「灯りをつけましょ 雪洞に
お花をあげましょ 桃の花・・・」

どうやらお声の主は お膝の上にちょこんと腰かけた先ほどのお嬢ちゃまでした。
1-DSCN4261.jpg
1-DSCN4262.jpg
1-DSCN4263.jpg
今日は定員6名の定員の所に
午後の回と間違えて見えた参加者がいらして総勢7名の教室となりました。
1-DSCN4264.jpg
こちらのお客様は手まりが気に入られたご様子。
長い時間じっくりとえらばれて行かれました。
1-DSCN4265.jpg
こちらの男性
1-DSCN4266.jpg
じっくりと店内を巡り
それからはおもむろにカメラを出されて撮影なさっていました。
お雛様は男性に人気なんですよ。
1-DSCN4267.jpg
さ、古布で作るほおずきのつるし飾り、いよいよラストスパートです。
先生の説明にじっと聞き入る皆さんです。
1-DSCN4268.jpg
1-DSCN4269.jpg
1-DSCN4270.jpg
1-DSCN4274.jpg
1-DSCN4276.jpg
1-DSCN4277.jpg
1-DSCN4278.jpg
1-DSCN4279.jpg
1-DSCN4281.jpg
Sさん、教室の合間には店内展示の説明をしてくださいます。
1-DSCN4284.jpg
店内はお教室中なので、スタッフサイドで髭爺は打ち合わせ。
実は今日のお客様は地元の企業の方でしたが
数年前に「野老澤行灯廊火」開催時に
「金山町商店街会場」でイベントを実施した日大芸術学部のサークルのメンバーのお1人だそうでした。
何だか時の流れを感じてしまいました。
1-DSCN4285.jpg
午後の教室も始まり
1-DSCN4286.jpg
相変わらずお客様もお見えになり
1-DSCN4287.jpg
1-DSCN4288.jpg
1-DSCN4289.jpg
スタッフMちゃんと私は午後3時から
5月13日開催の「第24回 とことこタワーまつり」会議へ出かけます。
今年も人気の「クイズdeウォークラリー」の準備や
各マンション前のイベント内容など
概要の確認をすませることができました。

午後4時過ぎ
無事に作品がそれぞれ出来上がりました。
それにしてもなんて可愛いほおずきなんでしょう。
昭和初期の子どもの着物をほどいて今回の材料にしてくださいました。
このほおずきの一枚一枚が曲線のため
裁断のたびに無駄な部分が多く出てしまいます。
直線裁ちのものなら無駄なく取れるのに・・・とはケチな私の感想でした。
1-DSCN4291.jpg
みなさん、「可愛い、かわいい」を連呼。
1-DSCN4292.jpg
現代では見られない「着物の柄」「発色」そんな魅力が溢れています。
1-DSCN4293.jpg
これでこの「古布で作るほおずきのつるし飾り」の教室はすべて終了しました。

明日は瓢箪で作るお雛様の教室です。
どんな作品がどんな笑い声と一緒に完成するのかとても楽しみです。
午後2時からの回はキャンセルが出たために空きが発生しました。
参加希望の方はぜひお電話でお問い合わせください。
04-2928-1453 まちぞうまで。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://machizounikki.blog39.fc2.com/tb.php/2825-83f4a39a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)