町造(まちぞう)日記

所沢のまちを元気で魅力的にするための拠点となるべく、生まれたお店です。

どこもかしこも行灯・・・行灯・・・・

今朝 シャッターを開ければ
そうです・・行灯・・・行灯・・・
771
行灯・・・こっちにも・・・行灯・・・
773
一昨日、「まちぞうの匠」の皆さんが地口絵や側面の文字を貼ってくださった行灯が
772
774
店内中、ノリを乾かすために 一面に所せましと並んでいたのを
775
とにかく ひたすら縦に積んで行きます。
だって歩けないんですもの。

店の表からは地口絵が見えるように・・・
店内からは地口絵部分をうっかり蹴とばして穴が開かないように
厚手の紙が貼られた「背部分」を向けておいていきます。
だから どの写真を見ても「地口絵部分」があまり見えないでしょう?
当日まで破けないように「地口絵部分」を守るためです。

そして 今日も「ベテランの匠」達が出勤してくださいました。
7710
7711
7712
それにしても 作業が早い早い。
文字を書いた半紙の乾くのを待てないほど・・・
189個の行灯に11個の大きな行燈、それに10個の手持ち行灯
どんどんと貼りあげられていきます。

と思ったら ジャズチケットをお求めのお客様
この作業に興味津々
しばし、匠の手を留めさせて?熱心に作業工程をお聞きになっていました。
776

ずらっと並んだ行灯
7713
7714
この行灯が 今年新しく地口行灯を展示することになった
「所澤神明社」へとお客様をご案内します。
7715
こうやって側面の半紙をまつ行灯たちです。

さて、Mちゃんが半紙に向かって戦っている頃
私は今日も「ちらし」を配りに出かけます。
779
今日は北秋津小学校を始め、近隣の幼稚園・保育園を回りました。
3月の「野老澤雛物語」、5月の「とことこタワーまつり」そして12月の「サンタを探せ!」と同様に
この行灯廊火のちらしも先生方が快く受け取ってくださいました。
「またこんな季節になったんですね」
「子どもたちが楽しみにしているお祭りです」など
嬉しい言葉もかけていただきました。

相変わらず今日も慌ただしい時間が過ぎるまちぞう。
Mちゃんと話すのですがさぼっているわけでもなく
お昼ご飯も今日は食べていないのに
どうして時間が足りないんでしょう・・・と。

夜7時過ぎには ボランティア参加してくださる
きもだめしチームとこども商店チームの児童・生徒の保護者のみなさんへ
電話で当日の参加者の子どもたちの動きをお話しさせていただきました。
今はどこのご家庭もお勤めのお家が多いので
電話連絡がつくのはどうしても夜遅い時間になってしまいます。
今日も9時までで、どうしても連絡のつかないお家もありました。

子どもの時間も、大人の時間も、家族の時間も
すべての「時間」が数年前と比べて大きく変わっていることを実感するのでした。

さ、来週の土曜日はいよいよ本番。
ここから一気に走り抜けましょう。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://machizounikki.blog39.fc2.com/tb.php/2659-6795b226
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad