町造(まちぞう)日記

所沢のまちを元気で魅力的にするための拠点となるべく、生まれたお店です。

J:comの放送にまちぞうでのピーターパンjrのライブの様子が流れていましたよ。

とにかく 数は多いのです。
地口行灯もなんやかんやで190個になりました。

このあたりはビル風もあり、とても蝋燭の火は使えないので
地口行灯はずっと電池式の明かりを使っています。

ということで、この行灯にセットするミニライトだけでも行灯と同じ数。
これに、別に照明用機材と準備している容器が100個。
それに入れるミニライトがやはり100個・・・

ということで、まちぞう店内はここそこに「もの」が溢れ大変なことになっております。
6281
間違って捨てられないように
段ボール箱にだって張り紙をしてしまいました。
6282
イベント終了後に伊佐収納しようと思うと
丁度よいサイズの段ボール箱って意外に見つからないものなんですよね。

そして急遽まちぞうの外観の画像がほしいとの依頼が。
改めてそういわれると、まちぞうのいい写真って一枚もないことに気づきました。
6283
この額縁看板がまちぞうの顔。
多くの方がこの看板を覚えてくださっているのがうれしい限りです。
6284

店内ではスタッフMちゃんが地口行灯に貼る半紙をサイズに合わせてカットしています。
その半紙もこの9年の間に今まで使っていた半紙を
お店でもう取り扱わなくなってしまったり
別のお店でも、取り寄せじゃなくちゃ入手困難となったりと
時の流れでいろいろと変わってい飾るを得ないものがでてきます。
6285
今回は考えるところがあって障子紙を使っているところ。
6286
光の通り方などを確認しながら作業してくださるMちゃん。
何でも最初はなかなか時間のかかるものです
6287

相変わらず展示をご覧になる方がお越しになります。
6288
そしてご協賛いただく方々も 何人もいらしてくださいます。
暑い中、わざわざお越しいただき、感謝です。
62289

さて今日は有楽町へ出かけました。
いつも雛物語の時に戦時中のお雛様の展示をしてくださるお茶屋さんの「井筒園」さんへ。
行灯廊火のポスター・ちらしをお持ちして
お店に置いていただくようにお願いいしました。

このお店のある場所は有楽町・・・
行灯廊火当日に開催される八雲神社のお天王さまのおひざ元です。
井筒園さんでは「地口行灯」を昔からずっと飾っていらっしゃるようなのですが
ぽつんと一言「飾るのは、うちだけなんだよねぇ・」・・とご主人。
622810
こうやって通りを見渡してもお店は少なく
行灯を飾れるところが少なくなってきているようでした。
井筒園さんをでてこの方向へ行けば「八雲神社」へ。
622811
反対側を向いてまっすぐいくと
622812
「薬王寺」の前に到着し
622813
もっと先へ行けば
今年の野老澤行灯廊火の目だま
約160個の地口行灯を飾る「所澤神明社」へと続きます。

こうやって同日開催のお祭りやイベントをつなぎ
人が町中を楽しみながら動いてくださると
本当に賑やかな「夜」になることでしょう。

町を賑やかにするということは うるさく 騒音を出すということではもちろんありません。
いつもはこんな時間に外出しないような小さな子供たちが
おじいちゃん・おばあちゃんやご家族と一緒に「ヨーヨー吊り」をしたり
神社の境内で行灯をみたり、八雲神社で櫓を囲んで盆踊りを踊ってみたり・・・
いつもの夜とは違った「特別な夜」を
子どもの頃の楽しい思い出のページに入れてほしいと願ってしまうのでした。

そして夜11時
J:comの「イイとこTV」でピーターパンjrさんのライブの様子が流れました。
何だか久しぶりに会ったみたいで、懐かしかったなぁ。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://machizounikki.blog39.fc2.com/tb.php/2653-439ab030
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad