町造(まちぞう)日記

所沢のまちを元気で魅力的にするための拠点となるべく、生まれたお店です。

今日のハンドクラフトJOYも、大賑わいでした。

連日 お買い物のお客さまと講習会に参加なさるお客さまでにぎわっているハンドクラフトJOY
今日は午前中に「天然石ネックレス」 午後は「紫陽花のピンクッション」の制作です。

まずは・・「天然石・」・・コットンパールとシェルのネックレス  リングも作ります。
2017060501
手ごろな価格なうえに 自分で作る喜びのあるこの「天然石ネックレス」講習会。
2017060504
毎回、ハンドクラフトJOYの人気講習会のひとつです。
材料の関係上、6名しか参加できませんが
申し込みは激戦・・1週間のハンドクラフトJOYの期間中に1日しかないので
皆さん、お仕事やご家庭の都合にあわせるのが大変。
残念ながら 今回は日程が合わないなどで、泣く泣くあきらめる方も多いのでした。
2017060505
さて淡水パールのリングの制作です。
ご自分の指のサイズに合わせていきます。
2017060506
そして完成。
こちらの方は以前作られたネックレスに今日の作品。
左手の指にもしっかり自作のリングが光っています。
2017060507
こちらの方のネックレスは洋服にとてもよく映えていますね。

さ、午後は「紫陽花のピンクッション」
2017060508
2017060509
こちらも10名の参加。
本来は6名分のお席しかないのに
ぎゅうぎゅうにつめて10名様。
窮屈なはずなのに みなさん和気藹々。
楽しそうです。
2017060510
講師のU先生がお1人お一人丁寧に指導なさっていかれました。
2017060511
もちろんお買い物のお客様もお越しになります。
2017060502
2017060503
毎回この時期と冬12月に開催される「ハンドクラフトJOY」
今やみなさんのお楽しみ貸しスペースとなりました。

さてまちぞうスタッフルームでは・・・

朝から8月20日開催の「所沢ジャズフェスティバル」のポスターの最終チェック。
そして7月15日開催の「第9回野老澤行灯廊火」の準備も加わります。

午後2時
髭爺を訪ねてのお客様。
家庭教育学級のご相談の方達でした。
以前は所沢小学校からのご依頼がほとんどでしたが
最近では市内の広域の学校関係からのご相談も多い髭爺なのでした。
2017060512

そして同じく午後2時
私は商店街のMさんと 野老澤行灯廊火でご協力いただく工学院大学のSさんと打ち合わせです。
このSさんからさかのぼること何年になるのかな?
Sさんの先輩方がこの野老澤行灯廊火に初めて参加してくださって以来
毎年 後輩に引き継がれてずっと参加してくださっています。
2017060513

2012年
実蔵院の参道に初めて「光のオブジェ」を展開してくださいました。
kougakuinn2012
kougakuinn20122
kougakuinn20123
何日も 何日もまちぞうに通ってくださり
kougakuinn20124
この年は竹に穴をあけたりと
作業量も大変なものでした。
kougakuinn20125
kougakuinn20126
kougakuinn20157

2013年 前日にフラットで作業を進めるようになって
kougakuin2013
それでも
kougakuinn20132
本当に遅くまで頑張ってくださいました。
kougakuinn2013

このあとは雨で外のイベントが中止になる年もあったり・・

そして昨年2016年は
銀座中央広場でこんなに大盛り上がり。
行列が絶えないほどの大人気の「ミニ提灯作り」でした。
20161
20162
今でも昨年の「行灯廊火」の翌朝 まだ開店前の早い時間に
小さな女の子がお父さんと手をつないでまちぞうの前を歩いている・・・
その反対の手にしっかりのこの提灯が握られていたのを覚えています。
20163
一晩あけても この灯りは女の子の心に灯り続えていたのでしょう。

今年も彼らの企画に期待しています。
本当に何年もその意思をつないでくださり感謝です。

夕方私とスタッフMちゃんは
お互いに協賛のお願いに出かけます。
Mちゃんは銀座周辺。
私は所沢駅東口に新しくご協賛くださる方がいらっしゃると伺い
会社までそのご説明に伺いました。
社長さんはまちぞうのこともよくご存じで
ぜひ参加したいと昨年から考えていたとお話しくださいました。
嬉しいことです。


そして夜 6時半過ぎ
今年の「野老澤行灯廊火」のパレード関連の打ち合わせが始まりました。
毎年同じことを繰り返すのではなく
少しづつ「改善」「改良」を加え進んでいく。
これが私たちに共通の思いです。
2017060514

さ、明日も頑張りましょう。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://machizounikki.blog39.fc2.com/tb.php/2634-7cffe8da
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad