町造(まちぞう)日記

所沢のまちを元気で魅力的にするための拠点となるべく、生まれたお店です。

雛物語を振り返って・・・

12日の「新三八市 時代着物市」を終え一週間が過ぎました。
店内の片づけを済ませ、18日から始まりました「絵葉書から見る所澤飛行場の歴史」の準備を終え
今日 雛物語期間の報告書を完成させました。

2月4日からの一か月店内を時代ごとのお雛様で飾り
12日には時代着物を展示し 多くの皆様に楽しんでいただきました。

もともと「ひな人形の里 所沢」を」アピールしたいという思いもあり始まった雛物語。
旧店舗時代 2006年から様々な形で展開していましたが
ここに2009年の懐かしい写真が見つかりました。
12
6
3
今でこそ、江戸後期から明治・大正・昭和も戦争前・戦後と多くの時代のお雛様を
皆様からお借りしたり提供していただいていますが
この当時は飾るお雛様の数も少なく
こんな手作りのお雛様も展示していたこともありましたっけ。
1
多分、最初の古い時代のお雛様はこんな感じ。
大きな市松人形を真ん中に置き 皆様ご覧いただきました。
20
店もまだ大きくなる前 こんなに細長い形でした。
現在のスタッフルームに少しスぺ―スを足した程度だったのですね。
17
その年のメイン展示。
このお人形さんはNHKのドラマに出演した直後にまちぞうに来てくださいました。
幼稚園児くらいの背の高さがありました。
7
5
今年 外に向けて展示したこのスペースを
hina
2447
2446
この時期はこんな風に使っていました。
20
というか、当時はこのスペースの幅しかなかったのです。
7
3
そしてその当時から お客様は丁寧に楽しそうに展示をご覧になってくださいました。
それは今でも変わらない 私たちにとってなによりもうれしいことです。

そしてこちらは今年のお客様。
やはり同じようにいとおとおしそうにお雛様をご覧いただいていますね。
352
20173327
20172241
2175
2017021311
報告書を作りながらこの「雛物語」の原点を思い出したような気がしました。
雛物語が町中に広がり、多くの方がお見えになっても
私達まちぞうはこの「お雛様」を通して 大切な子どもを思う親・大人の心を
今の時代にきちんと伝えていきたいとも改めて思いました。
そのうえで、この町の活性化に繋がるような企画に育てていかなくてはならないと・・・

どんな企画も基本は「心」「気持ち」がしっかりと乗っかっていないと
浮ついたものになってしまうのでしょう。
これだけはしっかり肝に銘じないといけませんね。

さ、明日からは気を引き締めて5月14日のとことこタワーまつりへ向かって準備を進めていきましょう。
と自分自身に言い聞かせて!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://machizounikki.blog39.fc2.com/tb.php/2576-4db7dff6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad