町造(まちぞう)日記

所沢のまちを元気で魅力的にするための拠点となるべく、生まれたお店です。

ラストスパートのような1日でした。

2017030101
野崎商店の店先。
園児の描いたひな祭りの絵をのぞき込むように見ている親子の姿を見たMちゃん。
思わずシャッターを切ってしまった微笑ましい一コマだったそうです。
2017030102
こちらは灰屋薬局のお雛様。
こうやって商店街のみなさんが「子どもの描いた絵」や「お雛様」を飾ってくださり
町中を雛祭りから―に染めてくださいます。
2017030103
311
そして 今日はいつもより暖かかったからでしょうか?
朝からお客様が続きます。
説明役は 今日の助っ人スタッフSさん。
2017030104
賑やかな声が聞こえたので「店内へどうぞ」とお声がけしたのですが
「まだ小さいのでお雛さまをいじってしまうので諦めます」という園児さん達。
来年はきっとそばで素敵なお雛様をご覧になってくださいね。
2017030105
2017030106
そして今日は「鹿の子絞りのお雛様」教室の最終日でした。
kouza1
kouza2
相変わらず和気あいあいの教室からは楽しそうな声が聞こえてきます。
今回は小学校の家庭科の授業以来、針を持つ・・・という男性が参加なさり
先生は時間を大幅に過ぎてもじっくり完成へと導いてくれていました。
2017030107
そして 今日も可愛いお雛様は完成。
皆さんからは「歓声」が!!
2017030108
2017030109
2017030110
2017030111
その後もお客様は続々来店なさり
助っ人Sさんに、手作り教室を終えたK子さんがお客様のご案内役に当たってくださいました。

教室が終わった店内では12日開催の「新三八市」の打ち合わせをします。
所沢駅からここ元町までの広域に5つの会場を設けました。
3年前に復活した「新三八市」
少しづつ、地元の皆さんやこのイベントを楽しみにしてくださる方達にその名前も浸透してきているようです。
2017030112
2017030114
2017030115
2017030116
というわけで、明日の定休日は3月2日
最後の手作り教室「瓢箪で作るお雛様」開催が3日の金曜日になります。
桃の節句目前のせいなのでしょう。
今日のお客様はひっきりなしに来店なさっては
丁寧に、楽しそうに、嬉しそうに展示をご覧いただけました。

まるで、お雛様たちがラストスパートをかけるかのように
その魅力を存分にふりまいてくださったのでしょう。
一か月の間、ずっとまちぞうでお客様をお迎えしてくださったお雛様たち。
あと3日間。どうぞ、引き続きお願いいたします。

そして皆様、ぜひこの機会に素晴らしいお雛様たちに会いにいらしてください。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://machizounikki.blog39.fc2.com/tb.php/2561-31cdf49a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad