町造(まちぞう)日記

所沢のまちを元気で魅力的にするための拠点となるべく、生まれたお店です。

間違いなく 寒さの「底」でしたね。

今日に限ったことではありません。
夏でも休み明けの店内は暑く 冷やすまでには時間はかかります。

冬だって昨日定休日だったまちぞうは
今朝、鍵を開けて入った瞬間
そのつーんとした寒さにおもわず ぞくぞくっときてしまうほどでした。
そして今日はその寒さがとうとう夜帰る時間になっても温まらないほどのものだったのでした。

今日から始まりました「所沢 お正月の風物詩展」は
先週のサンタ当日を思い出させるような強風のスタートとなりました。

まちぞうのあの木製の看板は倒れるは・・
お客様の自転車も倒れてしまうは・・で
当然ドアも「自動」から「手動」に切り替えました。
hagita
hikihuda
hagita1
心なしか羽子板の皆様方も お客様がお見えにならないので寂しそうです。
kazari
華やかな店内も手持無沙汰みたい。
hutari
所沢人形協会のH会長がその風の中
初日の様子を見にいらしてくださいました。
色鮮やかな豪華な衣装を身にまとった羽子板を見ているうちに
話題はいつの間にか 華やかかりし頃のこのあたりの新年会、 芸者さんが見えるお座敷について・・・
「へぇ・・はぁ・・・」Mちゃんも思わずため息を漏らすような
何だか華やかで楽しそうな内容でした。

そんな天候の中、スタッフルームサイドでは
雛物語の準備に追われています。
プレス関係にはもう2月開催予定の内容も伝えていかなくてはなりませんし
雛物語のフィナーレを飾る「新 三八市」の時代着物市の準備も始めなくてはなりません。

uchiawase
そしてこの風の中
1月の企画展の打ち合わせを髭爺とこの企画展の協力者Tさんがなさっています。
著名な方の年賀状の実物を展示しようという1月中旬からの企画は
きっとヒットするに違いありません。
今から楽しみですね・・なって悠長なことを言ってる場合じゃなく
そろそろチラシ・ポスターを作らなくちゃいけませんでした。
okyakusama
「久しぶりに前を通りかかったから」
この風の中ありがとうございました。
ゆっくりと店内をご覧になってから 意を決したように
強風の町の中へ戻っていかれました。
okyakusma2
そして髭爺を訪ねて見えたお客様方。
皆さん、風にあおられて体力を消耗してしまったみたい。
Mちゃんの出してくださった熱いお茶を手に ほっとなさったのか
しばらく動けなくなってしまったようでした。

先程からお話しています「雛物語」開催期間中の手作り教室の撮影。
turushi
毎年大好評の「吊るし飾りシリーズ」
今年は講師オリジナルの「蝶」
大正時代の着物地から作った蝶のつるし飾りは
一番下に下げたほうが柄も見えてよいでしょう・・とのこと。

hina
そしてこちらも定番のミニお雛様。
毎年素材や形を変えては工夫してくださっているもの。
しぼりの素材が生きたお雛様ですね。

このほかにも雛企画にちなんだ
手作り教室の講座を着々とご用意しています。
ご案内まで今しばらくお待ちくださいね。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://machizounikki.blog39.fc2.com/tb.php/2506-c0e0632c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad