町造(まちぞう)日記

所沢のまちを元気で魅力的にするための拠点となるべく、生まれたお店です。

皆様に愛された企画展です。

気温も暖かく でも風はちょっぴり強く
そんな今朝は そうです。
朝からお客様がお見えになります。しかも・・・
20161141
今回の企画展
リピーターがとても多いのです。
今日もこのお客様を含め3名のお客様が2回以上のご来店でした。
20161142
20161143
こちらのお客様は 一枚の絵をご覧になって
「何度も同じ構図で描いたことがあるんだけど
どうしてもこうならないんだ・・」と何度も何度もご覧になっていました。

さて午後1時
私はサンタを探せ!の協賛の関係で宮本町まででかけ
その足で市役所へ向かいました。
20161144
11日から始まる次の企画「2016 所沢まつり写真コンクール展」のちらしとポスターをお届けに出かけたのです。が・・・・
20161146
役所の駐車場は満員。
20161145
結局 駅前の立体駐車場を利用することになりました。
初めて利用したのですが・・
なかなか快適。でした。

さてまちぞうにもどると とことこまちづくり実行委員長と元町コミュニティ広場へ出かけます。
20161147
12月10日のサンタを探せ!の広場の出店者テントの割り振りの調整のため
20161148
毎回 確認してはどういうレイアウトにすれば
出店者も来場者も歩きやすく 子ども達も怪我なく楽しめて
飲食を食べやすく?パレードも歩きやすく・・・がらポン抽選会も並びやすいか??
試行錯誤の繰り返しです。

午後もお客様が絶えずいらっしゃいましたが
髭爺がいてくれる時間にいらしたお客様はラッキーですね。
じっくりと絵をご覧頂くだけでも楽しんで頂ける企画ですが
やはり当時の様子を知っている髭爺ならではのお話を聞いて頂けますので
お客様はとても満足そうなお顔でお帰りになられます。
201611411
そんな中、藤本所沢市長が展示をご覧になるためにご来店下さいました。
201611412
髭爺の案内で、全ての展示を時間をかけてご覧いただき
ちょうどいらしていた東京堂のYさんからもご説明いただけました。
201611414
201611415
201611417
201611418
当時の所沢の景色をご存知の市長ですので
絵の中の景色に記憶をよみがえらせながら、とても楽しんで頂けたようです。
お忙しい中、お時間を作ってご来店下さりありがとうございました。

このあともお客様が続きます。
201611420
201611413
2016110401
2016110402
2016110403
2016110404
2016110405
じっくり ゆっくり 時間をかけられて展示をご覧になられるお客様たち。
いつもの展示と少し様子が違う気がします。
それは展示内容をご覧いただく方と
単にこの「絵」をご覧になりたいという「ART]としての鑑賞の時間を楽しまれる方がいらっしゃるということです。

堀田さんの絵の魅力は
まちぞうの前を通りかかり 外から覗いた時に
この「絵」の魅力に吸い込まれるように来店なさる方がこんなにも多いのかと思う程です。

でも、まちぞうでせっかく企画したのですもの・・・
何とかこの「絵」をARTだけでなく この町の歴史と重ね合わせたものとして
記録していきたいと思ってもいるのです。
単に 素敵だ・・素晴らしい・・というだけでなく
何とか「所沢の町の歴史」「生きた証」のような視点で残せないものか?
ここからは髭爺や東京堂のYさんを筆頭に
この絵がのこしてきた「時の経過」を目の当たりにしてきた
町の人の情熱で形にしていければ・・・と思うのでした。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://machizounikki.blog39.fc2.com/tb.php/2474-0ee38b25
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad