町造(まちぞう)日記

所沢のまちを元気で魅力的にするための拠点となるべく、生まれたお店です。

新聞掲載の効果ですね。

先週 ショッパーに今回の企画展の記事が掲載されて
この記事を読まれたお客様が続けてお越しになられていましたが・・・

今朝、毎日新聞にまたこの企画展の記事が掲載されました。
と・・・
10221
朝から新聞をご覧になったというお客様がつぎ次にお見えになりました。
10222
10223
元町本町にご実家のあるご家族
ご自身の実家の絵を見つけてはご一緒にお見えになったおばあちゃまのお話を軸に
みなさんで楽しそうに店内をご覧になっています。
10224
10225
私にまで 丁寧に当時の様子を話してくださいました。

この後もお客様は続きます。
「ご存知の場所はありますか?」
必ずお客様に声をかけさせていただきます。
と・・・多くのお客様は堰を切ったように話し出されるのです。

子どものころの話
嫁いできたころのこと
退職してからのこと
引っ越してきたころのこと
改めて今回の展示が皆様の心の「どこか」に触れたように思えてきます。
10226
10227
10228
10229
102210
102211
102212
102213
102214
102215
「どうして こんな町になっちゃったんでしょうね」
「川越みたいにあのまま古い街並みを残せばよかったのに・・」
展示を見終わられた方のご意見です。
確かに今この絵と、現在のマンション群のこの町を見ているとそういう気持ちにもなるのでしょう・・

でも、あのアーケードのあったころ
店がどんどん閉まり始めてきたころ
この町のみなさんが高層マンションを建てたほうが良いだろうとか
活気ある町になるだろう・・・とか
きっと 良かれと思って考えてくださったのではないでしょうか?

だからこそ、今の私達はこのあとの10年後 20年後のこの町を
どういう形にして子どもたちに残していけるのか?残しておくべきなのか?
また変えていくべきことはあるのか?などなどを
今までのことを検証し、反省しながら実行していくべきなのではないでしょうか?

堀田さんの描かれた絵から、こんな話が生まれてくるなんて
きっとご本人は想像もなさっていなかったでしょうね。


さて、今回の企画展のポスターにもなっている元町交差点。
102216
ここに今日新しく「新 むさし」が開店いたしました。
102218
そうです、まちぞうの隣で営業なさっていた「新 むさし  しんむ」ですが
8月に一度お店を休まれて この元町交差点近くに新たに開店なさったのです。
102219
今度はこじんまりとした店内ですが
私がお邪魔した12時過ぎにはカウンター席はいっぱい。
夜には軽く一杯なんて楽しみも作れそうな嬉しいお店の開店ですね。

そして1時すぎ
私は大急ぎで所沢駅東口のくすのきホールへ向かいました。
102220
所沢駅東口の駅構内は現在 こんな感じで改装中。
102221
102222
102223
102224
新しく生まれ変わる所沢駅 楽しみです。

くすのきホールで開催された 第2回 ところざわ文化創造会議
少し遅れて会場に入った私は 丁度株式会社KADOKAWAの角川 歴彦 会長
衆議院議員 内閣総理大臣補佐官 柴山 昌彦氏
西武ホールディングス 代表取締役社長 後藤 高志氏 のご挨拶を伺うことができました。

私が気になっていたのは一般市民の方がどれほど興味を持たれているのかな?ということ。
COOL JAPAN FOREST 
もっともっと勉強していかなくてはいけないなぁ・・・
102225
102226
大きな会社の所沢営業所も東口には来ているんですね。

102227
大急ぎで学校新道までもどると
村田商店が改装工事中でした。
タバコ屋さんだったここな今度ギャラリーとして生まれ変わるとか・・
楽しみですね。
102228
私たちも良くお邪魔する「早池峰亭」のお隣には
マハロ?新しいお店がまもんく完成のようす。
町はどんどん動いているのですね。
102229
102230
102231
102232
まちぞうに戻れば相変わらずのお客様。
そしてみなさん口ぐちに「この絵は本になりますか?」

今回の企画展は多くの課題を私たちにも見せてくれるものとなったようです。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://machizounikki.blog39.fc2.com/tb.php/2464-504a2e31
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad