町造(まちぞう)日記

所沢のまちを元気で魅力的にするための拠点となるべく、生まれたお店です。

おどろおどろ・・・・きもだめしにお貸しいただきたい○○○もありました。

さ、今日は「野老伝」上演当日です。
朝から準備・リハーサルと店内が大忙しの中
外にはこんなお二人が。
5261
5262
通りがかりの人 一人一人に声をかけてお客様をご案内します。
6266
6267
12時からの公演が終わったところでJ:comさんの取材が入りました。
出演者のみなさんの仲の良い雰囲気がとても良い感じになっています。
マイクを握っているのはおしゃれ大学の青柳さん。
6268
今回のこの公演の「核」となる人物?だと思います。
彼の実直で演劇にかけるその情熱が今日のこの舞台に出ているように感じました。

髭爺が撮影してくださった画像から
公演の様子が少しわかるものを。
62611
62612
なんともおどろおどろとした感じでしょ?
ご覧になった方にはこのシーン思い出されますよね?
62613
流石の二人でした。

というわけで今日のまちぞうは終日 この公演の演出のため電気をつけることができませんでした。
パソコンの上の小さなライトだけで1日仕事を進めていきました。
5265
Mちゃんも自分の膝を机代わりにわずかな灯りの元作業です。

ジャズチケットをお求めのお客様も
スタッフサイドの入り口のドアをそろそろと開けて
真っ暗な店内を恐る恐る進んでいらっしゃり
「あの・・ジャズのチケット買えますか?」
昨日の準備の段階から表に大きく
「ジャズチケットをお求めの方はこちらのドアからお入りください」と書いてご案内していました。
ドアを開けるとそこにも大きく
「チケットをお求めの方はどうぞお進みください・・・」と。
昨日・今日とこうやってまた何人もの方がお越しくださいました。

さて、今日は日曜日。
本来なら髭爺が店番のまちぞうですが。
先程からご紹介しているようにまちぞうは今日は「芝居小屋」になっているし
髭爺は?というと・・・
5264
こちらの講師として図書館へ出張です。
5263
図書館へ向かう前に立ち寄ってくれた時には
満員御礼になっていると話していました。
それなのに・・まちぞうにも参加できないか?と電話が入ったり
公民館からは「今日このちかくで髭爺のお話会がありますか?」なんて問い合わせが入ったりと
人気のほどがわかりました。
62614
62616
62615
本当に満員ですね。
みなさん真剣に話を聞いてくださったそうです。

そして17時過ぎ・・・まちぞうでは15時からの公演も大盛況の内に終わり
講義から戻った髭爺と3人でもとの「手拭い展」の店内にもどしていきます。
なにせ、「きもだめし」「子ども商店」のもろもろのものに
「地口行灯」「万燈」・・そこに手拭い展の展示品を一挙にスタッフサイドに引いて
舞台用のスペースを作ったので
それを戻すにはかなり大変な作業でした。
6269
何とか明日から展示をご覧いただけるように店内を戻し
62610
掃除機をかけて・・今日を終えることができそうです。

というわけで今日一日
お芝居を見ることはできませんでしたが
スタッフサイドに聞こえてくる「音楽」「効果音」
セリフ・・・その不思議な世界に引き込まれた闇の中の時間を過ごしました。

さ、明日からはまたいつものまちぞうです。
野老澤行灯廊火まで2週間ちょっととなります。
そこにジャズの準備も進めていきましょう。

それにしてもあのお芝居の「音」の中で
きもだめしに貸していただきたい部分・効果音が数か所あって・・・
いけない、いけない・・・ でもそんなことを考えちゃいました。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://machizounikki.blog39.fc2.com/tb.php/2381-b53a8d8f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad