町造(まちぞう)日記

所沢のまちを元気で魅力的にするための拠点となるべく、生まれたお店です。

髭爺 テレビ出演はやっぱりお得意ですね?

昨日 間に合わなかったキャプション。
朝8時15分にまちぞうに入りパソコンを開くと。
髭爺からメールが来ています。
不足分のキャプションでした。
大急ぎで直しをいれ、プリントアウトしていきましょう。

ところが続々不足分が見つかってきて
なかなかキャプションつけが終わりません。
6171
10時過ぎ・・・
J:comのNさん、Mさんのお二人が到着です。
この時点であと2か所が間に合わない・・・
そこで考え出した髭爺の秘策。
まずは解説をして、撮影はその後にして行こうというもの。
6172
パソコン前で大汗かいた私 
何とか完成させたキャプションをつけ終わるやいなや・・・
6173
インタビュー開始。
良かったぁ…間に合った。
6174
6175
其の後は手慣れたもの。
インタビューも順調に進み
あ、少し遅れていた美咲ちゃんも到着しました。
大ファンの美咲ちゃんの顔をみたらますます饒舌になっていく髭爺。
6176
6177
ここで私も少しだけ仲間に入れていただき
「野老澤行灯廊火」と「所沢ジャズフェスティバル」の告知をいたしました。
6178
そして、お決まり!!大好きな美咲ちゃんとはい、ポーズ!!

この撮影が終わると同時に
スタッフMちゃんと二人で地口行灯を倉庫より搬出してきました。
6179
こうやって2台の台車に載せて3往復。
流石に今日の暑さでぐったりの二人。
野老澤行灯廊火当日・・・雨は絶対に困るけど
この暑さもちょっとなぁ・・・
出来ればすがすがしいやや曇り空でお願いしたいものです。

すべての行灯を運び込み何とか展示の邪魔にならないように隠し終わったころ
お母様と娘さんがお越しになりました。
61710
61711
61712
髭爺が説明するたびに
「あら、そうだったかしら?」
「そうよ、お母さんほら そうだったじゃない?」
「ほらこのお店は○○さんのお隣でしたよね?」
「覚えていないなぁ・・」
なんだか3人でとてもうれしそう。
実はお嬢様のご主人様もご一緒でしたが
「僕はこのあたりのことよくわからないんだ」と先にお帰りになられてしまいました。

それにしても本当に楽しそうに嬉しそうにご覧になっていたお二人。
髭爺の満足そうなお顔が印象的でした。

さて、汗の引いた私は「所沢ジャズフェスティバル」のポスターを貼りだし
「当店にてチケット販売中」のPOPも目立つようにしていきました。
61713
貼っているそばからお客様の足も止まり・・・
61714
61715
いよいよ夏のジャズモードにスイッチが入っていくようでした。
61716
こちらはトコろんカーのドライバーさん。
ダッシュボードに載せる「トコろんぬいぐるみ」をお求めにいらっしゃいました。
61717
それにしても
61719
こんなかわいいタクシー
61720
乗ってみたいですね。
61720
髭爺がいつまでもお見送りしていました。

こちらは行灯にご協賛くださるSさんの後ろ姿。
ご自身のために・・・とおっしゃっていましたが
目の不自由な方の伴走をなさっているとのこと。
お仕事を持ち、ただでさえ少ない時間を費やされるSさんに
Mちゃんと二人頭の下がる思いでした。
61721
61722
このSさんも所沢生まれの所沢育ち。
手拭いにも見覚えのある名前を発見なさっていました。

今日初日を迎えました「手拭いから見る昔の所沢商店街」
所沢を知らない方にも
そのデザインの面白さを十分に味わっていただけます。
またこの手拭いを所沢駅から順に並べていくイメージを作っていくと
私の知らない「商店」が軒を連ねていくようで楽しくなってきました。

こんなにお店がたくさんあった所沢。
手拭い1本からでも その時代はもちろん
賑やかだった当時の景色が見えてくるようでした。
61723
61724
61725
61726
61727
61727
61728

とにかく 展示初日は
テレビ慣れした髭爺の いつものような撮影風景でした。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://machizounikki.blog39.fc2.com/tb.php/2375-fbe256ed
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad