町造(まちぞう)日記

所沢のまちを元気で魅力的にするための拠点となるべく、生まれたお店です。

すがすがしい空気?半日開けっ放しにしておいました。

今日も朝のうちに片付けておきたいことがあって
8時半前には店に入ります。
明け方は本降りだった雨も傘が要らないほどになり
少し蒸し暑さはあったもののなんだか久しぶりにほっとできる風も強くない天候です。
20165272
9時前にはお客様がちらりほらり・・
20165273
こちらは明日見学会が予定されている「秋田家」の場所を聞きに見えました。
見学日を今日と勘違いなさっていたようです。
明日の時間などを詳しくご案内し そのあと店内をご覧いただきました。

朝のうちにまちぞうに見えた
「とことこまちづくり実行委員会」のT実行委員長とは
8日に実施された「第8回 とことこタワーまつり」の報告や
7月16日に開催される「第8回 野老澤行灯廊火」の申請書など
書類関係の打ち合わせをしていきます。が・・・
その間にもお客様が見えて何度も中座する私。
結局 実行委員長も仕事の時間となってしまったために
今日も途中でお帰りになられて行きました。

実はほぼ毎回こんな感じなのですが
まちぞうが店を開けている以上、お客様が最優先、電話がかかってくればそれをとります。
結局は閉店後に打ち合わせを進めるしかなくなってしまうのでした。

さて、「とことこまちづくり実行委員会」の事務局でもあるまちぞうですが
今日からそのとことこまちづくり実行委員会主催の「第8回 野老澤行灯廊火」や
「所沢ジャズフェスティバル実行委員会」の事務局でもあるので
8月開催予定の「所沢ジャズフェスティバル2016」のことなど
何人かの方からお問い合わせが続々入ってきました。


午後 外出した私は 銀座通りを歩きながら
なんだかそのすがすがしい風に嬉しくなってきました。

麻彦商店にはお客様が何人かいらしていたので
久しぶりに表に並ぶ商品を眺めてみました。
20165278
20165274
洗濯板
20165275
懐かしい紙風船
20165276
これは私も以前購入した「木のお椀」
20165277
懐かしいおもちゃや竹細工物・・見ているだけで楽しくなりますね。

この麻彦商店からもう少し所沢駅方面へ進むと
通りの反対側に「おもちゃのすだれや」さんが見えます。
その隣・・・そこには
私がここで働き始めた10年前にはもう閉店していた「ひばりや家具店」がありました。
hibari
ひばりや家具店の入り口
この大きなシャッターが目印でした。

201652714
201652715
201652713
その「ひばりや家具店」のあとが 気が付けばコインパーキングになっていました。

そしてその隣・・・
3月末までは「スカラベ」といって
地域の子ども達・住民の方達の集まる場所になっていたお店でしたが
どうやら「丼丸」というどんぶりもののお店になるようです。
お値段も540円均一なのでしょうか?
ちょっと楽しみなお店です。
20165279

さ、ファルマン交差点を東所沢方面「七世橋」の方向へ進むと
昭和4年に建てたという「松屋呉服店」が見えます。
今年で87歳になる建物・・
今でもお祭りの様々な品物を求めに近隣の町からもお買い物に見えます。
私も以前 祭浴衣をここで作っていただきました。
201652710

そして昨年7月火災になった東町の現場あと。
綺麗な更地になっていました。
201652712
201652711
以前はお豆腐屋さんがあったと聞いています。
ここにもまた新しい建物ができあがるのでしょうか?

こうして店に戻ると
なんだか店内のほうはむっとするような感じ。
急いでドアを開けっぱなしにしておきました。
手動ドアに切り替えなくてはならないような強風もなく
久しぶりに店の中の空気が一斉に変わって行くようでした。

このあと6月18日からのまちぞう企画展
「手拭から見る昔の所沢商店街」のポスター・ちらしを印刷し
市内まちづくりセンターなど10数か所へ配布させていただく準備。

そして3日からの貸スペースの打ち合わせをスタッフMちゃんと。
1日に現在の企画展が終了するので
閉店後には3日からの貸スペース用に店内のレイアウト変更が必要になるからです。

こうして毎日なんだかいくつかのことを同時進行しながら終わっていく近頃のまちぞうでした。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://machizounikki.blog39.fc2.com/tb.php/2358-286de697
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad