町造(まちぞう)日記

所沢のまちを元気で魅力的にするための拠点となるべく、生まれたお店です。

今年も 夏へ・・・野老澤行灯廊火・・・ジャズフェスティバルと続きます。

今日は21日(土)に開催される
「髭爺の所沢今昔よもやま話」当日に希望者にお渡しする予定の資料の印刷を始めます
23ページの資料を両面印刷するのですが
家庭用のコピー機だからか?手動で両面を印刷していきます。
途中で電話が入ったり、お客様がお見えになったりでなかなか思うように進みません。
20165161

そんな今日も気が付けば強風でちらしラックも店内に避難させました。
表を通る人も自転車を降りて押して歩いていた李
帽子を手で押さえたりと歩くもの大変な様子。
20165162
みなさん非難するかのように続々来店なさいました。
こちらのお客様も一度店内の展示をご覧になって気持ちをリセット。
しっかりと帽子を留めて 再度強風の町へ出ていかれました。

午前中は今夜開催予定の所沢ジャズフェスティバルの件で打ち合わせをしたり
8日に開催された「第22回 とことこタワーまつり」の報告書を作成したり
来月開催予定の野老澤町造商店 理事会の資料作りです。

そして 6月の貸スペースのお問い合わせ・ご質問など
来店される方も切れ目なく続き
気が付けば午後2時半を回っていました。
20165163
こちらのお客様は所沢で生まれたとのこと・・・
髭爺とお話しているうちにお互いにどこで生まれて
どこに住んでいたかもわかったようす。
髭爺が「横宿(よこじゅく)」とおっしゃっるたびに
「今日は懐かしい言葉を何度も聞いたわ・・・」と懐かしそうにされていました。
横宿とは??


20165164
そして午後7時
今年も8月20・21日と開催予定の
「所沢ジャズフェスティバル」の打ち合わせです。
20165165
この時点で全員が集まってはいませんが
昨年の反省・実績を踏まえ より良いステージの進め方を考えていきます。

ここに集まった「ジャズフェス実行委員全員が
お客様に満足し、心から良かった・・と思っていただけるステージを作ることこそが
最大の目標と強く思っていることを再確認しました。

まちなかに音楽を溢れさせたい
公民館ホールという市民に親しみのある「箱」で
日本のジャズ界を代表するような出演者に本物の音楽を提供してもらう。
所沢に住んでいてよかったなぁ・・
所沢に来れば 都内にわざわざ出かけなくても
こんな音楽に出会えるんだ・・・と思っていただきたい。

実行委員であり演奏者でもあるFさんが
「長く続かせるためにも すべてにおいて出来る限り経費を削減していきましょう。
出演者にもきちんと私たちの目標を伝えて協力してもらいましょう。」と
きっぱりお話しくださった言葉に背中を押された気がしました。

ジャズフェス事務局の私たちとしては毎年心が痛む課題があります。

中央公民館ホールの座席には番号が振られていない
つまり最初から「指定席」という前提がないためにすべて「自由席」となってしまうのです。

それゆえ あの暑い中 少しでもご自分が好きなお席でジャズを楽しみたいというお客様が
炎天下の外に長い時間並んで開場を待っていただいているというのが現状です。

今年は何とかこういう事態をさけるべく
当日は時間に間に合うようにゆっくりホールに足を運んでいただければ良いような工夫を考えています。

明日は野老澤行灯廊火の件も含め
市役所の「中心市街地活力あげ隊」の打ち合わせに同席させていただく予定です。

さ、ここからが夏に向けての全力疾走のスタートです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://machizounikki.blog39.fc2.com/tb.php/2349-5acd5f99
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad