町造(まちぞう)日記

所沢のまちを元気で魅力的にするための拠点となるべく、生まれたお店です。

店内からお雛様の姿が消えていきました

さぁ、今日はいよいよお片付け
お雛様ともお別れの朝がやってきました。
asa
スタッフSさんも・・・
3181
スタッフKさんも朝から花粉防止?のマスク姿で働いてくださいます。
3182
3184
3185

片付けにはまちぞうスタッフ以外の方も次々お越しくださいます。
御殿飾りをお貸しくださったTさんは
展示も撤収もお手伝いくださいました。

(準備にお越しくださった日)
gotenkazari1
(今日 撤収作業中)
3183
(夜もライトアップされ 多くの方の足を止めました)
yoru
(もちろん昼間だって・・・)
2216
(期間中展示の様子)


こちらは今年初めてお借りした
大正生まれのお母様の木目込みの段飾りをお貸しくださったKさん。
こちらもお片付けにもお越しくださいました。
3186
3188
3187
この可愛らしい段飾りは
今年お見えになったお客様のハートをぎゅっとつかんだようです。
kimekomi
(期間中展示の様子)

こうしてまちぞうスタッフ以外の方にも多くのご協力をいただいた
今年の「野老澤雛物語」でした。

撤収作業はただ片付けるだけではありません。
3189
来年の展示の際に どうすれば寄りよくできるかを
ひとつひとつ片付けながら写真で記録し
メモを取っていきます。
318910
31811
31812
特に、スタッフKさん、Sさんには2月1日からの1か月半の展示期間の前
昨年から準備を重ねられ
期間中は「講師」として手作り教室の指導に
連日のお客様の対応と本当に身を粉にしてくださいました。
31813
思わず「長かったぁ・・・」とお話しなさるお二人に本当に頭の下がる思いです。

例えば「手作り教室」一つとっても
まず、何を作るかを昨年の「雛物語」が終わると同時に考えはじめ
具体的に材料は?製作時間2時間以内に完成できるか?などを
何度も試作品を作っては考えてくださいます。
そのほかに展示するにあたり
毎年「今年のテーマ」を決められ
展示品の内容をひとつひとつ確かめていきます。
(この間、5月のタワーまつり。7月の野老澤行灯廊火」。8月の「所沢ジャズフェスティバル」
そして12月の「サンタを探せ!」などのスタッフとしても活躍してくださっています)

今日も片付けの合間のお昼ご飯の時にも
話題は来年のことへ向かっていました。

夕方お雛様の姿は表に向いた「7段飾り」だけとなりました。
明日このお雛様を所沢人形協会の会長が片付けてくださると
まちぞう店内からお雛様の姿がすっかり消える予定です。

スタッフMちゃんはSさんとともに
今日の夕方から 順次 お借りしたお雛様のお返しに出かけていきました。
私は箱に納まったお雛様やまちぞうの屏風やら小物類を
長持ちに収めたり 各所に片付けていきます。
こうして金屏風やら棚も壊し、また元の店内へと戻していくのです。
そうそう、大きな「新三八市」の看板も畳んで片付けなくてはなりませんね。
そしてこの間、町中に飾っていただいた園児の描いた絵を引き取りにも 引き続きでかけます。

そんなわけで
まちぞうは来週水曜日まではこの撤収作業と
25日から始まり次回企画展の設営の予定です。

午後7時
西武所沢店に園児の絵の撤収にお邪魔しました。
店内はすっかり春色の洋服に染まり
見ているだけでもウキウキしてきます。
桜の開花はもう間もなくです。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://machizounikki.blog39.fc2.com/tb.php/2301-a21d2021
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad