町造(まちぞう)日記

所沢のまちを元気で魅力的にするための拠点となるべく、生まれたお店です。

今日はお休み。飯能雛飾り展へ出かけてきました。

今日、私とスタッフMちゃんはお休み。
お店は髭爺とスタッフSさんにお任せして「飯能雛飾り展」まで出かけます。
最終日の今日は下の二つのイベントと相まって「飯能」の町は大賑わいとなっていました。

*飯能ぎんざ100円商店街
 3/6(日) 11:00~15:00
36回目となる「100円商店街」各店舗が選りすぐりのお買得商品をお届けするイベントです。
 ひな飾り展にショッピングの楽しみをプラスします

*震災復興元気市
 3/5(土)、6日(日) 10:00~15:00  場所:飯能市中央公園及び市内商店街
被災地の応援、支援を目的とした「第5回震災復興元気市」。
 今年は前日に「復興支援B級ご当地グルメフェア」も開催します。
 東北各地から海産物などの物産品が販売されます。

ということで、最初は絹甚横の「入口電業」さんのお店を覗きました。
han1
han2
毎年 覗かせていただいているのですが
そのたびになんだか新しい発見があるみたい。
今日は小さな貝合わせを見つけました。

「絹甚」さん
han3
相変わらず10時の開店早々お客様で満員です。
ボランティの皆さんが作られた「てまり」「つるし雛」が所狭しと並んでいました。
その中に・・・「百徳着物」がありました。
han4
han5
といっても現代風に綺麗にアレンジして作られているようでした。

さて、実はまちぞうでもスタッフSさんが「百徳着物」を作られました。
2016020610
296
この着物は来店者の大人気の着物の一枚です。
多くの方が「江戸・明治」の着物地のみから作られたこの「百徳着物」
興味深くご覧になっていかれます。

まちぞうの百徳着物です。
2016020111
2016020109
この右側に写っている「パッチワーク」のような着物が「百徳着物」です。
hyaku1
この着物には今回240枚の着物地を使用しました。
hyaku2
良く見ると江戸時代の物が見えます。
hyaku3
本来の着物はご近所の方から頂いた
もう着なくなった「ボロ布」のようなものもあったと聞きますので
こんなに色鮮やかなものではなかったでしょうが
少なくとも時代を感じる「布」を使って縫ってくださいましたので
その風情は十分に出ているかと思います。
こどもの成長を心から願う 親・おじいちゃん・おばあちゃんはじめ
ご近所の方達からの愛がこもった着物だったのでしょう。

han6
「絹甚」に戻りましょう。
スタッフMちゃんが気になったのはこの間接照明の使い方。
「これをまちぞうで使えるでしょうか?」
本当にまちぞうスタッフは研究熱心な方ばかり。
この飯能雛飾り展の初日にはスタッフSさんが訪れ
様々なお店のひな人形の展示方法などを見ていらしてくださいました。
こうやってまちぞう店内の展示は毎年毎年少しづつ変化していっているのです。


han7
飯能商工会議所 正面入り口のお雛様です。
いつもお世話になっている会議所のAさんをお尋ねしたのですが
すでに「震災復興元気市」会場に出かけられていました。
それにしても毎回この「飯能商工会議所」をお訪ねするたびに思うのは
「商工会議所」が通りに面していること
一階がこうやってオープンになっていると実に入りやすく
商店街の方も 一般のかたも気軽に中に入られています。
それがすごくうらやましく感じてしまうのです。

所沢の商工会議所は建物の3階にあるためこうはいかないけど
例えば商店街の人に寄り添い 商店街の人がいざというときに真っ先に相談に行けるような
そんな入りやすい「会議所」にもっともっとなりたいと願ってしまうのでした。

han9
han8
han18
han19
飯能雛飾り展の核となり活動なさって来た酒屋さん「丸屋酒店」
裃雛の展示に加え
「引き札」も飾っていらっしゃいました。
まちぞうの引き札店の際には必ず登場する一枚です。


han11
han10
han17
「おしゃれショップナカヤ」さん
相変わらずショウウィンドウのリカちゃん人形や御殿飾りが目を引きます。

*飯能ぎんざ100円商店街 の様子です。
han13
han14
パン 英国屋さん
han15
きもの処 かきぬまさん
han16
慶弔用品麻喜(あさき)さん
han25
han26
「月光堂カメラ店」の店頭には「雛飾り展」の写真が飾られていました。
こうやって100円の商品がなくても
店頭にお雛様がなくても、参加なさる方法があるのですね。

平日はあまり人通りのない商店街だそうですが
今日は地元消防の方が通りの入り口に立たれ車両通行止め。
こうなると 買い物に集中できます。

またいくつかのお店の100円のワゴンを覗かせていただきました。
当然そのお店のご商売の品物もありますが
意外に手作り品だったり
直接ご商売に関係のないものであっても
ワゴンに入っているだけで人だかりがして
中には掘り出し物をGETした嬉しそうなお顔もみえました。

こういうイベントではやはり店内に誘導するにも
外のワゴンが大事なツールだと感じました。

ワゴン→人だかり→その人を見てまた人が集まる→店内へご案内する

そして今回一番印象に残ったお雛様は・・・
han24
うなぎのおいしい「畑屋」さん
han20
階段を利用したお雛様は100年ほど前のものだとか
所沢でも「神田薬局」さんに
100年ほど前のお雛様がありますね。
2016020214
所沢 神田薬局さん

そして「震災復興元気市」会場はご覧の通りのものすごい人出でした。
11時過ぎには気温も上がってきて
私たちもコートの前を開けて歩きたいほどになりました。
han21
han22
本当にどこもここもこの賑わい。
その中で商業観光課の課長はじめ皆さんにお会いしたり
飯能信用金庫の方にお目にかかったり・・・
そんな中、ぱったり見つけたお顔
久しぶりにお会いしたのは・・・
han23
日高・飯能ケーブルテレビの「なおみん」です。
以前は所沢でレポーターをなさっていたので
旧店舗時代は大変お世話になりました。
相変わらず、綺麗で素敵な方でした。

han27
そして飯能からの帰り道
入間ぺぺでまちぞう店内のライブでもお世話になったPsalmさんのステージを拝聴にうかがいました。
「西武入間ペペ Cooley High Harmony × SOLZICK × Psalm Special Miniライブ」

「あの時はお世話になりました。またよろしくお願いします。」
爽やかにあいさつをしてくださったPsalmさんのステージを
また所沢でも見たいものです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://machizounikki.blog39.fc2.com/tb.php/2292-b2d0b3c5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad