町造(まちぞう)日記

所沢のまちを元気で魅力的にするための拠点となるべく、生まれたお店です。

思いのこもったレコードコンサートでした。


朝からほっぺたが切れるかと思うほど冷たい空気。
やっぱり夕方からまた雪なのかしたら?

そんな今日は第8回レコードコンサート当日です。
真空管アンプに手作りスピーカーと
まさに心のこもった「レコード愛好家club」の皆さんのご協力による大人気企画です。
reko1
朝10時過ぎ・・
まちぞうでの開催にも慣れてきた皆さんは
さっさと机を移動し椅子を並べ・・・
reko2
reko3
reko4
reko5
ということで・・・・・

まずはクラシックから・・・
今年は暖冬・・・と言われていたころに選曲なさったそうで
冬・・冬・・した寒すぎるような曲になってしまった・・・とのお話からスタートしました。

次にポピュラーの部です 
シングルアルバム特集(4カ国のポピュラー曲をお楽しみいただきます) ♪
[日本] [アメリカ] [イタリア] [フランス]
誰もが一度は聞いたことのある曲ばかり
パソコンを前に思わず口ずさんでいる自分に気づいてしまいました。

JAZZの部です  
もっとも時間を割いたのがこJAZZでした。
名曲はもちろん、聴きたかったなぁ・・・というものまで
お客様大満足のひとときでした。

reko7
今回はレイアウトにも店内の工夫がありました。
店内の後ろ部分には喫茶店風?にテーブルを囲んで
コーヒーでも飲みながら気楽に聞いていただこうと考えられたそうです。
reko8
reko9
実はショッパーさんにこのコンサートを
写真入りで掲載してくださったところ
多くの方から電話でのお問い合わせがありました。
そんなわけで13時半の開演前にはお客様で店内はいっぱいになってしまいました。

reko10
スタッフルームサイドでは
3月12日開催の「新 三八市」の打ち合わせを
T実行委員長と髭爺が綿密に進めていらっしゃいます。

reko11
そしてコンサートも最後の曲が終わった時に
髭爺がご挨拶。
のはずが気になったレコードジャケットを手にアンコールをおねだり。
お客さんの大拍手の中 アンコール曲も演奏されました。
reko12
reko13
reko14
reko15
実は今日のコンサートの中で
愛好家clubの方から どうしてclubが発足したかのきっかけのお話がありました。
なぜ、皆さんが集まられてこのclubができたのか?
どんな思いからこの活動を続けられているのか?
そんな中で、まちぞうの旧店舗時代にも話が及びました。
reko16
そして、こちらは2007年7月31日のブログから・・・
コンセールタワー1階にあった「花の詩」閉店の日の画像です。
hananouta1
店内には多くのレコードが並んでいて
本当に素敵なお店でした。
hananouta2
実は旧店舗時代にこの「花の詩」のマスター
渡辺さんと出会った私どもはこちらのお店で2度ほどミニコンサートを開催させていただいたりと
まだ音楽系の企画になれない私たちを随分助けていただきました。

ざっくりお話すれば
このマスターが中心になって作られたのが「レコード愛好家club」ともいえるのでしょうか。

そしてまちぞうでの一回目のコンサートは
渡辺さんと髭爺が一緒になって進行してくださいました。

そのマスターが急逝されてもう5年目くらいになると思います。
毎回このレコードコンサートを開催するたびに当時熱く語られていたことを思い出すのです。

もっと気軽に町中で音楽を楽しめれば・・
マスターのおっしゃっていたことはまさに今私どもが行っている
「町なかに音楽を・・」の「卵」だったのでしょうか?


今日のお知らせです。
金曜日に飯能商工会議所のAさんがわざわざ届けてくださったお知らせです。
reko17
reko18
reko19
reko20
ポスターをみただけで
あったかくなってくるような魅力的なネーミングですね。
こちらにもぜひお出かけなさってはいかがでしょうか?

そしてまちぞうは
31日まで雛の展示準備などのために展示などはお休みになります。
とはいえ、手作り教室のお申し込みなど
店は木曜日以外は開いておりますので
御用の方はお気軽にお尋ねください。

所沢の天気予報ははずれたかしら?
雨も雪もない少しほっとした夜になっています。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://machizounikki.blog39.fc2.com/tb.php/2255-f691a35a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad