町造(まちぞう)日記

所沢のまちを元気で魅力的にするための拠点となるべく、生まれたお店です。

手編みの巻きバラコサージュ

「まちぞう手作りフェスタ」3日目は
手編みの巻きバラコサージュ!
今回初めて講師を務めてくださるI先生はニットの教室の主宰者であり
シルバー人材センターの会員でもいらしゃいます。

11.101
今回の「まちぞう手作りフェスタ」の参加者募集の時に
皆さんの興味を引いた「講座」の一つです。
11.102
先生の教室には 当然のように編み物に興味があり
技術の差こそあれ 編み物経験者だったりするのだそうですが
この「まちぞう手作りフェスタ」では 全くの初心者もお越しになられます。
11.103
少しでも経験のある方は
先生から説明を受けると すぐに編み始められるのですが
初めての方にとっては「編み棒」の持ち方からのスタートなので
なかなか思うように進みません。
11.104
でも、この先生の作品見本を「目標」に
11.105
編み続けていかれました。
11.107
10時の開始から1時間ほどたつと完成なさる方が出てきました。
すると、先に編み終えた方が お隣の方のサポートに入ってくださったのです。
「はい、糸をとって、網目をすくって もう一回・・・・」
教わるほうも 教えるほうも初対面なのに
本当に和やかにみている私まで嬉しくなってきてしまいました。
急遽 個人教授をかってでてくださったお客様 ありがとうございました。
11.108
さ、先生の仕上げのお手伝いも入り
素敵な作品が出来上がり 参加者全員が素敵な「自分だけのコサージュ」をお持ち帰りになることができました。
特に 「教わる側」だったお客様は
「本当にもう帰ろうかと思ったけど
皆さんに手伝ってもらって本当に嬉しかった。
今度先生の教室に一度行かせてください」と顔を輝かせてお帰りになっていかれました。

さて、スタッフサイドは相変わらずもろもろの作業に追われています。
スタッフMちゃんはジャズ関係の仕事をひと段落させ
12月12日の「サンタを探せ!」のステージ関連の仕事の詰めにはいています。
私も各商店街の皆様へのご案内・お知らせをさせていただいたり
協力企業や団体との調整に時間を費やしていきます。

その中で、サンタを探せ!には欠かせない企業である(株)ビクセンさんへ今日は打ち合わせに出かけました。
毎年 お邪魔している「ビクセン」さんの社名は
すでにご存じの方も多いでしょうが「サンタクロースの乗っているそりをひっぱっているトナカイのうちの一頭の名前」です。
そんなご縁から始まった「サンタを探せ!」も今年で8年目
そして東日本大震災の復興支援金を毎年宮城県へお届けするのも2011年から数えて今年で5年目です。
毎年 少しづつでも「改善」してきたサンタを探せ!
今年も頑張りますね。

その打ち合わせから戻ると
午後の教室の生徒さんも真剣に「コサージュ」に挑戦中のようです。
11.109
そしてこの回も予定時間より早くそれぞれのコサージュを完成させて
みなさん 嬉しそうにお帰りになられて行きました。

そして明日は「雑学所沢展」最終日です。
今回の展示には 人数こそ多くはありませんでしたが
本当にじっくり楽しそうにご覧になるお客様や
「ここに住んでいてこんなに知らないことがたくさんあったんだって驚いた」なんて話すお客様も。
ご近所の皆様のお力をたくさんお借りして
まさにまちぞうならではの展示ができました。
本当に感謝いたします。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://machizounikki.blog39.fc2.com/tb.php/2199-c4d21d73
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad