町造(まちぞう)日記

所沢のまちを元気で魅力的にするための拠点となるべく、生まれたお店です。

沢山のスタッフに支えられて・・・いよいよ、こどもチャリティ商店・きもだめし 準備スタート

いつも、まちぞう日記をご覧いただきありがとうございます。

今日はまず野老澤町造商店HPの話題から。 
ほぼ毎月変わるまちぞう企画展や
その期間内に開催される ミニコンサートやライブ
手作り教室などの細かな情報提供。
そして ここにまちぞうが事務局となって開催されている
とことこまちづくり実行委員会主催の
2月初~3月初「野老澤雛物語~町なかひなまつり~」
5月「とことこタワーまつり」
7月 今年は7月18日(土)「野老澤行灯廊火」
12月 今年は12月12日(土)「サンタを探せ!2015」

そして 所沢ジャズフェスティバル実行委員会主催の
8月 今年は8月22日(土) 管楽器クリニック
        8月23日(日)「所沢ジャズフェスティバル2015 ラテン&ジャズコンサート」

こういったすべての情報をホームページにアップするのですが
この作業をずっと行ってくれているのがボランティアスタッフのKさんです。
市役所職員の方なので いつも作業は夜中、休日の時間をさいてくれているのです。
しかも、ただアップしたままにするのではなく
よく私たちにメールや電話をくださり
「こうやるとみやすくなるだろうか?」
「こうやったら もっとよくなりますか?」など
まめに手を加えてくださり
常に見てくださる方たちの目線になって考えて作業を進めてくださっています。

まちぞうスタッフといえば店に来ての作業や
イベントの時の仕事が多いと思われがちですが
こういう「見えないところで」ずっと支えてくださるスタッフの存在も大きいのです。
(もっともKさんには イベントにも来ていただき がっつり仕事してもらってますから
ある意味 大変と言えばかなり大変なボランティアの方になりますね・・・すみません、感謝!)

6271
朝、10時
いよいよ7月18日(土)「第7回 野老澤行灯廊火」
チャリティこども商店・きもだめしの 小中学生スタッフ大集合です。
部活などで欠席を除き 総勢24名のやる気まんまん精鋭のみなさんです。

まちぞうサイドにも久し振りのお顔も含め
4人のスタッフが集まりました。

東村山でボランティア活動をなさっているSさんは
きもだめしについてはもう何年も一緒に活動をしてくださっています。
海外出張から帰ってきた・・と、きもだめし準備に駆けつけてくださったことも
一体 何回あったでしょうか?
そしてSさんは アカペラグループとして
東村山を中心に様々なステージで活躍なさっていて
昨年の「サンタを探せ2!014」でも歌ってくださいました。
(なんと今年の「第7回 野老澤行灯廊火」でも歌ってくださる予定なんですよ)

Nさん、Tさんは市役所職員の「所沢市中心市街地活力UP隊」のメンバーのボランティア。
Nさんは今年も「トコろん探偵団」や「野老澤行灯廊火」の裏面の地図を描いていただいています。
この2人は仕事の休みの日にお越しくださいました。
今日はお越しにならな方けれど
まだまだUP隊の方が続々参加してくださる予定です。

そしてきもだめしの「親分」は所沢銀座協同組合の「東京堂時計店」のYさん。
今やきもだめしといえばYさんの右に出る方はほかにいません!!
それどころか この銀座通り商店街の「核」になって
商店街内外の調整や、学校関係との連絡にもいつも力を貸してくださっています。

この4人にまちぞうスタッフTちゃんが加わり うーーむ 鉄壁のメンバーがそろいました。
6272
全員の自己紹介のあと
6274
当日までの作業工程の説明が終わると
6275
それぞれのグループに分けて作業開始です。
詳しいことは「企業秘密」なのでお伝えできませんが
全員が真剣に「アイデア」を固めて形にしていきます。
6276
6278
と、一人の男の子が
「あ、僕 あの人知ってる」と店の外を指さして・・・
藤本所沢市長が子供たちの様子を覗きにいらっしゃいました。
「こんにちは」
「こんにちはぁぁぁ!!」
そこは子供たち 作業の手は止めることなく市長に挨拶をしているのでした。
このあと、しばらく店の中の子どもたちの様子を嬉しそうにご覧になったり
ボランティアスタッフと言葉を交わされたり・・・
市長には「野老澤行灯廊火」当日の7月18日(土)「行灯点灯式」にご出席いただくことになっております。
6277
12時に子どもたちが帰ったあと
TさんとスタッフTちゃんが打ち合わせです。
ここからなんと2時まで時には図を描いてみたり
計算をしながら細かな打ち合わせをしていました。
6278
この打ち合わせをしているときに
まちぞうスタッフKさんがいらしてくださいました。
行灯の半紙をはがす作業の為です。
この間も他のスタッフがいらして作業してくださいましたが
何せ、行灯の数が約150個もあるので
これを一つ一つ水で濡らし 半紙をはがし 乾かしてから初めて今年の地口絵を貼ることができるのです。
昨年は記録的な豪雨で途中中止になってしまった「野老澤行灯廊火」
地口行灯も昨年は悲惨な状況で 店頭に飾っていただけるほど無事なものは一個もありませんでした。
雨で破れるものなら、いっそ全部きれいにはがれてくれればいいものを
そうはいかないものですね。
結局、今年もスタッフのみなさんの助けを頂き「剥がし作業」です。
627syokunin1
627syokunin2
実は今回の企画展の中では
こういった地口行灯制作の作業工程全ても
「展示の一部」としてあえてお客様の目に触れるところで行っていただいています。
これが大人気で 多くのお客様が足を止められ
Kさんは質問攻めでした。

夕方、水曜日に貼り忘れてしまった「日付」部分を大急ぎで作り
スタッフMちゃんといつものマンション建築現場に貼りに出かけます。
脚立がないと届かない場所に貼るので 通行人に迷惑のかからないように二人での作業となります。
20156271
と、なんと久しぶりにここの現場監督のOさんにお会いすることができました。
Oさんとはここに「囲い」ができてすぐのころにお店にお越しになってからのご縁で
この場所に「町の歴史」をご紹介したり
イベントの案内ポスターを張らせていただくことになったのです。
20156272
20156273
「これ、どこでやるの?」「面白いの?」
お仕事仲間と楽しそうにポスターを眺めては質問をなさいました。
是非お越しくださいね。
20156274
日付完了!!
20156275
神田薬局店頭にもポスターが見えます。
20156276
寿町の市営駐車場にも。
みなさん ありがとうございます。
20156277
20156278
まちぞう横にもポスターを
20156279
店のガラス面にもたくさん並べました。
201562710
そして閉店後、今日の「こども商店」で子どもたちから提案のあったゲームに使用する
あるものを作るべく打ち合わせ開始です。
今日のこのこどもたちの作業開始 ここから一挙に行灯廊火へ向けて
細かな作業が加速して増えていきます。

さ、明日は日曜日。
また多くのお客様がおこしくださいますよう お待ちしておりますね。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://machizounikki.blog39.fc2.com/tb.php/2091-1993fc3b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad