町造(まちぞう)日記

所沢のまちを元気で魅力的にするための拠点となるべく、生まれたお店です。

地口行灯でまちぞう店内は満腹状態になってしまったみたい。

今日から企画展『懐かしの七夕祭りと地口絵展』が始まりました。
雨も上がって青空ものぞいたためか、早速展示をご覧にいらっしゃった方も。
20150620-8
20150620-1
合間をぬって私達は公民館の地下駐車場にある倉庫に向かいました。
20150620-5
倉庫の中には去年並べた行灯がぎっしり。天井近くまで積み上げられていました。
今年も貼り替え作業をするために全部まちぞうに運び出すのです。
作業は二手に分かれます。
スタッフMちゃん、Tちゃんの二人は大きな台車に地口行灯を載せまちぞうとの行ったり来たり。
私は天井までつみあがっていた行灯をくずして運び出せるようにしたり
肝試し用のマネキンの整理など
日頃行灯が多くては入れなかった倉庫内を簡単に片付けていきます。
それにしても、何回 行灯が後頭部や顔に落ちてきたことか・・・
20150620-6
結局 台車はガラガラと3往復。全ての行灯がまちぞうに移されました。
運び終わると3人ともぐったり。
午前中から肉体労働で心地よく?疲れました。
20150620-7
ところで、ここは先ほどのまちぞうすぐそばの市営駐車場の地下3階
うーーむ、こうやって駐車場ってじっくり見たことがないけど
よく映画・CM・テレビで使われる場所だなぁ・・
20150620-9
さ、今度は、まちぞうに運び込んだ行灯の数を確認します。
その数130個強・・・
去年は大雨にあってしまったため、ほとんどの行灯がびりびりに破けてしまったのです。
まずはこれをきれいに剥がす作業に 週明けから取りかかる予定です。
またまたボランティアスタッフのみなさんが
それぞれの空き時間や仕事の休みの日を使って
集まってきてくださる予定です。本当に感謝・・感謝・・・
20150620-4
こちらは7月12日のチャリティハンドベルコンサートの打ち合わせ。
昨年も開催したイベントですが
夏のひととき ハンドベルの涼やかな音色 なんだかほっとしますよ!
20150620-2

そして 今朝 自宅の新聞でほっこりとうれしかった記事を
NETで見つけました。
バッジ着用開始「手話でどうぞ」 所沢市職員
 所沢市の職員でつくる「市職員手話サークル」は、聴覚障害者らの問い合わせに手話で答えられることを示す「手話バッジ」を作り、会員の職員計三十六人が市役所で着用を始めた。
手話バッジは、市のマスコットキャラクター「トコろん」をデザインし、ピンク色と緑色の二種類がある。ピンク色は「手話で会話ができる」ことを、緑色は「あいさつ程度の手話ができる」ことを示している。会員が首から下げた名札に取り付けている。小林昌治会長は「気軽に声を掛けてほしい」と話している。
 市職員手話サークルは二〇〇〇年五月に結成し、毎週一回の勉強会などを開いている。手話バッジは会員の発案で実現した。

おや、写真に写っているのはいつもお世話になっている 市役所広報課のYさん。

こういう職員の方の活動といえば・・
とことこまちづくり実行委員会主催の
2・3月の「野老澤雛物語」
5月の「とことこタワーまつり」
まさに現在準備中の7月「野老澤行灯廊火」
そして12月の「サンタを探せ!」では
市役所の職員で構成されている「所沢市中心市街地活力UP隊」
UP隊のみなさんの力が大きく「町づくり」をサポートしてくださっています。

そしてここの所、連日のように
「地口行灯」の協賛をお届けくださったり
ジャズフェスの協賛はじめ、チケットお求めになるお客様が見えます。
今日も坂戸からジャズフェスのチケットをお求めにいらしてくださったお客様。
昨年もふらっとチケットをお求めにいらしてくださいましたっけ?
毎年、こうやって楽しみにお越しくださるお客様のお顔を直接拝見すると
俄然やる気も出てくるのでした。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://machizounikki.blog39.fc2.com/tb.php/2086-c97a340f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad