町造(まちぞう)日記

所沢のまちを元気で魅力的にするための拠点となるべく、生まれたお店です。

何だか忙しいぞ!

今日お見えになったお客さま
昨日のお客様より10歳年下の方・・・
ですから飛行場についての思い出にも少し時間差があるのでしょう。

昨日伺った話とはまた一味違った内容に聞こえました。

戦後70年
こうして戦争の実体験のある方がどんどん少なくなってくる今
「記憶」は形を変えていき「記録」になる前に消えていってしまうのでしょうか?
もどかしいけど どうすればよいのか?
焦るほどわからなくなります。
20150324-1
さて、今日は5月10日開催予定の
「第21回 とことこタワーまつり」の打ち合わせがありました。
7会場あるこのイベントでは みなさんの協力あるのみです。
とにかく商店街一丸となってお客さまにいかに楽しく心地よいイベントを味わっていただくか?
これから毎週集まり、それそれのタワーマンション企画の内容などすり合わせていく予定です。
20150324-2
その中でもステージ部門については
専門スタッフの力を借りなくてはできないこともあります。
今日はいつもお世話になっているスタッフMさんもお越しになり
ステージ関連の機材はもちろん出演者の調整などの打ち合わせを進めることができました。
20150324-3
このころ、まちぞうではスタッフSさんが
お客さまからお預かりした明治時代のお父様のものだという羽織をほどいています。
実は 先日このお客さまから「是非 お人形作りなどに使ってください」といただいたのですが
羽裏があまりにも素敵なので 屏風になさってはいかがでしょうか?と
逆にお客さまにアドバイスしたところ
大変喜んでくださり 表具屋さんに出すことになったようです。

ここ素敵なまちぞうスタッフの「もうひとつの心使い」
ただお返しするのではなく
きちんと葉裏を剥がしてからお返しになるというのです。
これならお客様もすぐに屏風に仕立てることができるというもの。
きっととても喜ばれるに違いないでしょうね。
20150324-4
そしてこちらでは引き続きステージ関連の打ち合わせ。
高校生のダンスチームなど参加団体の数も多いため
そのすべてを調整しスケジュールを立てていくのは至難の技になりそうです。
20150324-5
こちらのスタッフも着物のチェック。
こうやってお客様やスタッフが持ち寄った着物などをほどき
手づくり教室の素材にしたりするのですが
参加者の手元に「教材」として届くまでには
ほどく、洗う、アイロンをかけるなどかなりの手間がかかるので
時間があるときにコツコツ作業にかかってくださっているのです。

夜6時半すぎ・・・
女性スタッフ中心に「雛物語」の反省会と同時に
「とことこタワーまつり」の打ち合わせも同時進行していきます。
頭がこんがらがるかと思いきや
さすが町造スタッフ いつも1つや2つのことを同時に動かしていることが当たり前?なので
そんなことにはへこたれません。
けらけら笑いながらも 頭の中はさっさと仕事へと進行していくのでした。

そして明日はバルの準備会。
バルといえば、おととしは「ジャズバル」
そして昨年は「ソラバル」
今年はどんな形になるのでしょうか?
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://machizounikki.blog39.fc2.com/tb.php/2013-5779d170
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad