町造(まちぞう)日記

所沢のまちを元気で魅力的にするための拠点となるべく、生まれたお店です。

創作人形とつり雛展 盛況のうちに閉会いたしました。

今年の2月は昨年のような大雪もなく
ほっとしていましたが・・・
でも士がう「敵」との闘いの日々でもありました。
それは・・・強風。
今朝も自動ドアを手動に切り替えないと
あまりの風の強さにドアが閉まらなくなってしまいそうです。

その強風の中、可愛いお客様がおばあさまとお見えになりました。
ご家族のお留守を預かっているおばあさまが
昨日この前を通りかかり
今日は是非ともお孫さんを連れてこようと思ってくださったのだそうです。
321
最初こそ 声も聞こえなかったお孫さん
しばらくすると可愛い声が聞こえてきました。
「これも触っちゃいけないの?」
「そうよ」
「これも触っちゃいけないの?」
「そう、そう」
ごめんなざいね、江戸時代のお人形など壊れてしまうと
代わりがないのよ・・・
322
「おはな」
そう、かわいいお花でしょ?
スタッフTちゃんが折り紙のお花をプレゼントしてくれました。
323
その後も強風の中、自動ドアを押しあけて
お客様がお見えになります。
スタッフSさんとKさんもいらしてくださり
丁寧な説明もできるためか、お客様は本当に喜んでくださいます。
「今あちこちで沢山お雛様を並べるのが流行っているけど
ここは数でなく 古く本当に良いお雛様が並んでいるので嬉しいわ」
324
325
こんな嬉しいお声を頂くと
益々スタッフの説明にも熱が入ります。
326
以前も書きましたが
この「お雛様」をご覧になるお客さまの中には
本当に男性のお客様も多いのです。
327
もちろん仲良しのご夫婦も・・・
328
夕方にはこんな面白い光景も・・
スタッフSさんはお店の奥で。
スタッフKさんは段飾り雛の前で
それぞれお客様とのお話がはずんでいるのです。

市松人形の着物の話から8日の「復活 新三八市」のご案内へ・・・
まちぞうスタッフは本当に様々な方向にアンテナを張っていてくれているので
商工会議所が事務局をしている「三八市」のPRを
あちこちでしていてくれているのです。

そして私も夕方5時半過ぎ
FM茶笛の番組で8日の告知をさせていただきました。
パーソナリティの松下さんの優しいサポートで
なんとか「トコろん広場」「復活 新三八市」のご案内も済ませることができました。

そのころスタッフMちゃんは
西武所沢店で開かれていた「創作人形とつりびな展」の撤収に出かけていてくれました。
24日の初日には私もMちゃんも
そして創作人形作家T先生と生徒さんたちも
初めての百貨店出店に戸惑うことばかりでしたが
二日もたてば生徒さんの中にも
接客の得意な方が現れたりと
みんな 初めての経験に戸惑いながらもぐんぐん慣れてきていたようです。

昨年まで10年以上も所沢駅東口の市民第二ギャラリー(現在は閉鎖)で展示のみ行ってきたみなさん
初めての接客にどんなに大変だったことでしょう。
でも口々に直接「お客さまの声」が聞けて
色々参考になりました・・・とお話しくださったり
「野老澤雛物語」の第二会場としても十分にこのイベントの告知をしてくださいました。

また、先生はじめ生徒のみなさんが
8日の三八市のPRをお客さまお一人お一人に丁寧にしてくださり
「私たちも町興し・町づくりに参加しているんだから」・・とおっしゃってくださることが
期間中本当に嬉しく 心強く感じられました。

さ、明日からは8日のイベントに向かって猛ダッシュです。
お日様には味方してもらい
その日だけでも強風はお休みしてもらいたいと願ってしまうのでした。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://machizounikki.blog39.fc2.com/tb.php/1996-b1e4ff79
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad