町造(まちぞう)日記

所沢のまちを元気で魅力的にするための拠点となるべく、生まれたお店です。

「見る」私たちも嬉しいし 「見られている」お雛様も喜んでいるのでしょうね。

今日も朝から強い風です。
ちらしラックを表に出すこともできません。
私の心のなかは・・・3月8日(日)「トコろん広場」「復活 新三八市」の日に
どうぞ、風が吹きませんように・・・・というお願いでいっぱいです。
20150227-1
そんな今日は「古布で作るミニ立ち雛」の最終日。
厳密に言うと余りの人気に追加日程を設けたのが今日だったのです。
20150227-2

20150227-3

20150227-4
材料もぎりぎりのため
いつものように6名参加していただけないまさに人数制限ぎりぎりの状態。
スタッフSさんの教室は人数に関係なく丁寧に、楽しそうに進みます。
すると・・・
20150227-6
小さな男の子と、女の子の手を引いた方が来店。
預かっている子どもたちなので・・とおっしゃっていました。
おとなしいお行儀のよいお二人でした。
20150227-7
そして今日も お客様が続々お見えになります。
みなさん、すでに手にチラシを持っていらしたり
電話で後から来るお友達をまちぞうまで誘導なさったり
今日もスタッフMちゃん、Tちゃんと3人でお客さまの応対です。

しかも今日は電話も多く
8日に迫った「トコろん広場」「復活 新三八市」の問い合わせや
打ち合わせなどで みんなの頭の中は飽和状態になってしまいました。
20150227-8
午後になると 教室は定員の4名。
そこにたまたまお越しになったお客様がとても興味を持たれていたので
お声掛けをさせていただいたところ、すぐに参加となりました。
たまたま風邪でお休みなさった方 1名分の材料が残っていたために
すれすれセーフ!
でも、本当に喜ばれて楽しそうに参加なさっていました。
20150227-9
そして相変わらずお客様は続き・・・
20150227-10
お教室も順調ですが。おや?スタッフMちゃんの姿が見えますけど????
20150227-11
お若い方が沢山いらっしゃいますね。
20150227-12
埼玉県立芸術総合高校の学生さんが
ご自分たちのまちぞう中央公民館での音楽公演のちらしを持参してくれたのですが
実は中央公民館のFさんからこんな情報も頂いていたのでした。
まちぞうが事務局となっている「とことこまちづくり実行委員会」主催の
たとえば「とことこタワーまつり」や「野老澤行灯廊火」「サンタをさがせ!」の
音楽ステージに条件が合えば「参加」していただけるかもしれない・・・
と教えていただいていたのでした。
そして同じく事務局を行っている「所沢ジャズフェス」についても同じです。
学校行事や中間・期末などの試験があったり
数々のコンクールのための練習もあり
どこまで可能かしら?という話をMちゃんが皆さんにしてくださっている様子なんです。
20150227-13
おや?そろそろ完成間近でしょうか?
20150227-14
仕上げのポイント?を伝授中?
20150227-16
ここに最後に頭をつけると・・・
20150227-17
ほら!どうですか?
あなただけの親王飾りが完成しましたよ。
20150227-18
どうですか?
20150227-19
同じ教材でもこんなに印象が違うんですよ。
20150227-20
こちらは女雛の大きさが可愛いですね。
20150227-21
とても行儀のよいお二人でした。
こうしてすべての教室を終えたスタッフSさん、本当にお疲れさまでした。
そう言えば今日も同じく 今回「おしどり袋」の先生でもある
スタッフKさんがスタッフSさんのサポートのために顔をだしてくださっていました。

スタッフSさんはほぼ毎日 まちぞうにお越しくださり
ご自身の教室のない日でも
スタッフKさんの教室のお手伝いをしてくださったり
お越し下さるお客さまに丁寧に店内の説明や町なかのお雛様を紹介してくださっています。

まちぞうの「雛物語」はこういうスタッフのみなさんの力と努力で
訪れる皆様に楽しんでいただけているのだと思っています。

加えて今年はこの「野老澤雛物語」が
「野老澤雛物語 町なか雛まつり 2015」と名前も新たに
「とことこまちづくり実行委員会」主催になったために
私が店の外に出ていく時間が極端に増えてきました。

特に昨年まで 所沢東口にあった「市民第二ギャラリー」を第二会場として開催してきた
「創作人形とつりびな展」を西武所沢店で開いているため
私は24日から3月2日までの一週間
連日 西武へ出向き そのお手伝いはもちろんのこと
お越しになったお客さまに8日開催の「復活 新三八市」のご案内をさせていただいております。

また市外 都内や飯能・川越・みずほ町・寄居などなど
遠方から「創作人形とつりびな展」を見にいらしてくださるお客様も多く
そのみなさまに「野老澤雛物語」の趣旨もお話させていただいております。

特に「時代着物市」へのご興味は深く
多くの方に元町の会場の場所を教えてほしいと言われます。
はやり根強い人気・・・なんですね。

明日で2月も終わります。
そして8日の最終日までラストスパートとなります。
多くのお客さまにご覧いただいているまちぞうの「お雛様」や
町なかの「お雛様」達・・・
きっと嬉しいねってお互いに話されているんではないでしょうかしら?



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://machizounikki.blog39.fc2.com/tb.php/1993-8eae5b1e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad