町造(まちぞう)日記

所沢のまちを元気で魅力的にするための拠点となるべく、生まれたお店です。

クリスマスライブに 羽子板市・・・そして来年の雛物語へ

今日はお知らせから・・・

■CHRSTMAS JAZZ LIVE in NAVE
20141219-3
日時:12月24日(水) OPEN 19:00~ START 19:30~
会場:新所沢 NAVE
チャージ:2,500円+ドリンク類オーダー
お問い合わせ:tel. 080-3029-2162(渡辺)

ジャズフェスティバルでご出演された入江新一郎さん、MANNAさんご夫婦の共演でのクリスマスライブです。
MANNAさんは先日のサンタを探せ!でもグレースハーモニーでご出演いただきました。
お二人の素敵なピアノ&ボーカルを聴きながら、クリスマスイブを過ごしませんか。


さて、今日もこちらのお知らせを。
まちぞう年越しライブ2014-2015

20141216-7

出演:「名前だけでも覚えて帰ってくださいね」
日時:12月31日(水) 23:30~24:15(終演予定)
会場:野老澤町造商店(まちぞう)
☆入場無料
お問い合わせ:野老澤町造商店 tel.04-2928-1453

彼らのブログを読んでいただけましたか?
「名前だけでも覚えて帰ってくださいね」ブログ
読まれた方はなんとなくバンドの雰囲気がわかっていただけたでしょうか。
しかし・・・
プロフィールにも写真が出ていないし、
ポスターのメンバーの顔もイラストだし、
いったいどんな人達なの?

そこで今日はライブのときの写真をお借りしてきました。
それがこちら。
20141219-2
お、これは市民文化フェアのときのものですね。
20141219-1
6人編成のバンド。びしっとスーツで決めていらっしゃいますが、
センターのボーカルの方が・・・(^-^;)

市民文化フェアで彼らのライブをご覧になった方は、「名前だけでも覚えて帰ってくださいね」の正体をわかったかもしれませんね。
また追々彼らから情報を仕入れて、こちらでご紹介していきたいと思います。

今日の午後、私はスタッフMちゃんと共に
来年の野老澤雛物語の際に
西武所沢店で吊り雛と創作人形の展示を行うT先生のもとへでかけます。

この展示会のお知らせに「野老澤雛物語」の告知も入れるのですが
その打ち合わせやハガキに落とす作品も撮影させていただくためです。

アトリエに伺うと 毎回新しい作品が出来上がっているのですが
今日も素敵な作品がどんどん増えていて
来年2月24日の初日がとても楽しみになってきました。
一昨年から一緒に「野老澤雛物語」のメンバーとして
ひなの里 所沢をアピールしてくださっているTさんはじめ、教え子の皆様方!
来年 初の試みで「西武所沢」で開催する企画展を是非とも成功させたいですね。

次に伺ったのは所沢人形協会会長の小寺人形さんです。
いよいよ22日(月)午後1時から始まる
「吉例 野老澤羽子板市」の羽子板ケースや
同時に展示する弓破魔の一部をお預かりに出かけました。

年々職人さんの高齢化により作品数も少なくなってきたので
今年は「弓破魔」を初めてみなさんにご覧いただくことにしました。
みなさん ご存じですか?
弓破魔・・
地方によっては この風習はないと思いますが
是非ともこの機会にご覧ください。

下記 小寺人形HPより参考までに。
羽子板と弓破魔

そして午後5時過ぎ
Tとことこまちづくり実行委員長、役所のYさんたちと
「野老澤雛物語」の打ち合わせです。

まずは サンタを探せ!2014の簡単な反省会から始めました。
規模が大きくなるにつれ
多くの皆さんが参加してくだされば くださるほど
今までにないことが目についたり 気になってきました。

特に今年はサンタを探せ!2014の翌日が
選挙の投票日だったために
いつもより市職員のスタッフの型の数が激減したことも
大変不利な状況になった一因だったと思います。

毎年 毎年 多くの協力者のかたと進めてくる様々な企画 イベントですが
毎回 毎回 思いもよらないことが起こってきます。
我々は 今ままでに得た経験と知識をいかに駆使して進めていくのかが大きなカギになってきますね。

さて「雛物語」の話に戻ります。
今年まで 野老澤町造商店の企画で開催してきた「野老澤雛物語」を
来年からは とことこまちづくり実行委員会主催に変更となるため
細かな打ち合わせが必要となってきています。
ここに3月8日 所沢商工会議所開催の「復活新三八の市(仮題)」の
応援企画としての要素も盛り込むために
なお一層 内容も盛りだくさんろなってきたのです。

今日の午後にはスタッフSさんがサンタの片付けに来てくださり
スタッフTちゃんとガラポン抽選機の中から
「玉」を抜き取り 次回使いやすいように
赤・黄・青・ピンク・・・と各色の玉を100個づつに分けてしまってくださる
地味でいて そのくせものすごく時間のかかる作業を済ませてくださいました。
こういう作業をしてくださる「スタッフがいてくださることは
次の企画の際に いかにスムースに実行できるかに大きく影響するのです。
本当に感謝です。

シャッターを閉める午後8時半すぎ・・・
震え上がってしまうほどの冷たい風・空気が吹き付けてきます。
明日も色々な仕事が待っています。
さぁ、がんばるぞ!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://machizounikki.blog39.fc2.com/tb.php/1936-97f7eda9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad