町造(まちぞう)日記

所沢のまちを元気で魅力的にするための拠点となるべく、生まれたお店です。

何事にも 心をこめて

現在 展示中の「職人の技と生業」
麻彦商店の数々の商品も置いてあります。
もちろん すべて手づくりだそうです。
大体曲げ物ってことは板の木をまるめて行くんでしょう?
まずもって それがすごいと感心してしまうのです。
7.291
これは鍋の上に置くタイプのセイロ
7.292
うらごしには欠かせないですね。
7.293
これはアルミ製のうらごしだそうです。
7.294
サイズも様々・・・
7.295
すべて、所沢市の推奨品の認定を受けている
まさに職人の一品です。
どれ一つとっても 心をこめて時間をかけて作り上げているのでしょう。
この麻彦さんの実演を2日(土)午後2時~まちぞうで開催いたします。
その時には先にご紹介した商品についても詳しく説明してくださいます。
ぜひ2日 まちぞうまでお越し下さい。
7.2912
こちらは「松井ふるさと散策の会」のお二人。
来月 髭爺に旧町の街歩きをお願いしたいとおっしゃるのですが
松井と言えば スタッフSさんも参加なさっているはず。
結局 お二人で街歩きをご担当いただけることになりました。
7.298

7.296
久しぶりにお越しになった
所沢人形協会のHさん。
この絵が気に入ったようで何度も何度も見入っていました。
7.297
髭爺から依頼されていた図書館の展示物を届けに行ったTちゃん。
キャプションつけをがんばってやってくれたので
見やすくなってお届けできたようです。

所沢小学校からも出張授業の依頼。
髭爺と相談して日程を決定し先生に連絡完了。
この次のステップは先生との打ち合わせ。
みんなの頭に・・心に残る授業になるといいなぁ。

7.298
7.299
こちらはやっと会えた新しく寿町に建設中の工事現場の監督Oさん。
実は 建設現場の囲みの壁にポスターを貼らせていただいているので
そのお礼にと伺ったときは丁度事務所に行かれていてお目にかかれなかったのです。
2014.7.225
2014.7.224
今日はわざわざまちぞうにお越しいただき
色々とお話を伺うことができました。
その中で地元密着、商店街の活性化につながるように
この壁面を使って良いと言ってくださるのでした。
そのうえ、今日は 西陣織の和布をお求めになって
「この布を上手く使って、その壁面になんの掲示かがわかるようにタイトルをつけてほしい」とおっしゃるのです。
早速Mちゃんが和布をうまく切って ラミネート加工し
明日はこれに文字をつけて看板にしていこうということになりました。
どんなものができるか楽しみです。
7.2910
それにしても選ばれる和布が本当に良い柄ばかりだったし
これを掲示板に利用しようとする発想には驚くと同時に
ご自分の働かれている現場をいかに綺麗に 周りの方に愛されるものにしようかと考えられていることに
スタッフみんなで感心してしまいました。

a12
所沢ジャズフェス2014
心をこめて諸々の作業を進めていきます。

さて、夜は会議です。
髭爺が会議出席者のみなさんに展示の説明をなさっていました。
7.2911
一言で会議と言っても様々です。
でも共通していることは同じ目的・目標がはっきり見えていないと
すすむ歩幅も もっとひどい場合は方向も変わってしまうのだと思うのです。
7.2913
今この所沢にある「頭脳」を集めて新しいものを発想・発案・具現していけたら
本当の意味で 所沢の魅力が生まれるのだろうなぁ・・・と考えていました。
ここで話合う時にも 我々は心をこめて お越し下さる方に接しなくてはならないのです。
何をするにも心をこめる。
基本中の基本なんでしょうかね?
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://machizounikki.blog39.fc2.com/tb.php/1821-642925b4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad