町造(まちぞう)日記

所沢のまちを元気で魅力的にするための拠点となるべく、生まれたお店です。

世の中、夏休みになっていましたね。

今朝 役所からの電話を受けていましたら
ピンポンと音が・・・
見れば可愛い小学生の少年が立っています。
2014.7.229
夏休みの宿題のお問い合わせ・・・
そうなんだ、もう夏休みだったんですね。
「野老澤行灯廊火」に追われ ついつい日程がわからなくなっていた私。
この時期になると近くの所沢小学校から都内の私立の学校のおこさんまで
小学生・中学生がどんどんお越しになるのです。

そんな今日の大仕事は
肝試しの会場作りのために
中央公民館からお借りしていたボード24枚とその足48本をお返しすることです。
今回も商業観光課のYさんに車を出していただき
本当に助かりました。

それにしてもボードはともかく
金属製の脚部分の重さと言ったらありません。
これを車と店の間を何回も何回も行き来しながら運び出すので
腰が痛くなってきます。

昨日の机といすの運び出しも重労働でしたが
今日のこの作業も大変・・・
これを「野老澤行灯廊火」の前後にやるので
スタッフ初め私も体がばきばきになってしまいました。

そして今度は銀座中央広場へ広場使用後の確認をしていただくために出かけます。
今年はひろばそのものについては特に問題がなかったのですが
ステージ関係の音が近くにお住まいの方にはうるさかったとの電話があったそうでした。
早速 当日の状況を現場責任者の方に確認し
反省し次への改善に努めるようにしました。

またいつもご家族で所沢のアーティストを応援してくださっているYちゃんが
ジャズのちらしをまたまた取りにいらしてくださいました。
Yちゃんたちは所沢のアーティストが歌うイベントやショッピングモールなどの会場で
まちぞうが関わっているジャズフェスのような企画のちらしを
みなさんにお配りしてくださったり
お仕事関係の方に「音楽のあふれる町所沢」をPRしてくださっているのです。
もちろんまちぞうだけでなく 広く所沢に関わるものすべてにおいてです。
本当にこのお二人には感謝の言葉しか見つかりません。

さて、25日からの企画展の準備がはじまりました。
2014.7.226
「所澤のマチ場に生きた 人・モノ・風情 ~第二弾~
懐かしの旧町商店街 職人の技と生業(なりわい)」

マチ場の半纏・手ぬぐい・広告・MAP・商店の写真など 旧町の「モノ」に関する資料を展示する予定です。
2014.7.223
2014.7.228
毎回企画展のポスター・ちらしを各公民館へお送りするものを作ります。
2014.7.221
これを各公民館(まちづくりセンター)ごとの封筒に入れていきます。
2014.7.222
そして8月23・24日開催の「わくわくトコ夏ランド」のポスターが上がってきました。
これは銀座通りの商店街が毎年開催する地元のイベント
今年は8月24日のジャズフェスティバルに協力いただき
23・24日の両日 ジャズの生演奏を企画してくださいました。
2014.7.227
そこで、再び 銀座通りに新しくできるマンションの工事現場の壁に
貼らせていただくことになりましたぁ。
2014.7.225
とはいえ、あまり多くの枚数を貼ってもトラックや作業車の出入りの邪魔になるため
前回よりは縮小したスペースにしました。
2014.7.224
それでも、こんなに目立つポスターの貼り位置です。
なんだかこのためにある「壁」みたいとスタッフMちゃん。
有り難い・・有り難い・・
貼っているそばからまた皆さんの足が止まります。

今日も野老澤行灯廊火の後片付けに追われつつ
様々な次の作業・仕事に入っていきます。
連休明けの今日は電話や問い合わせも多く
仕事を何度も中断しなくてはならない一日でした。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://machizounikki.blog39.fc2.com/tb.php/1816-42b7d63f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad