町造(まちぞう)日記

所沢のまちを元気で魅力的にするための拠点となるべく、生まれたお店です。

座る暇なし 嬉しい悲鳴 感謝の気持ち

朝一番のお客さま・・・・
「あら?シルバーさんじゃないの?」
すみません、シルバー人材センターのお店は水曜日で終わったんですよ
「あらまぁ、次はいつなの?」
水曜日で終わった「シルバーショップ開店!」 今回はまちぞうでの4回目の開催でしたが
今回は私も シルバースタッフのみなさんにも
「シルバーってどんなことやってるの?」
「私も参加したいの」というお声をたくさん頂くこととなりました。

このあと今日から広くなったお店に
トコろんシャツを移動・・お求めになるお客さまに見やすい位置に置きました。
と、朝からシャツが動き出します。
火曜・水曜と売れなかったのが一挙に売れ出したのです。

今度は行灯へ手書き文字を書いてくださるYちゃんが
お願いしておいた分の手書き半紙を届けてくださいました。
外出前にタクシーを止めて大急ぎで届けてくださったとのこと。
本当に申し訳なく思いました。

そこへ見えたのがコーヒーショップグリーンのマスター。
地口行灯の地口絵の代わりにご自身で描いたものを貼りたいとのことで
急遽筆と墨を用意して書いていただきます。
2014.7.111
最初のシルバーの話からここまでとにかく電話も次から次に続くはで大忙し。
結局朝8時半に店を開けてからは、10時まではお湯を沸かしてごみを出すのが精いっぱい。
なんとかその切れ間に メールチェックと留守電を聞いていたらMちゃんが出勤してくれました。

今度は外に出て、昨日の台風の情報で大家さんが出してくださっていた「土嚢」を片付けます。
雨を吸って重たくなっているので
日向に置いて乾かしては片づけていきます。
日向の場所には3-4袋しか置けないので
今日はこの「乾かしては箱にしまう」作業を店と5往復して片づけました。
2014.7.112
するとクラウン工芸のMさん来店。
今販売しているトコロシャツやトコろんぬいぐるみを制作している会社の方です。
今日は特大トコろんをお持ちになってスタッフMちゃんモデルに撮影されて行かれました。

この間にもお客様がひっきりなしに見えます。
航空発祥記念館の方、文化財保護課の方
近所の商店の方などなど それぞれお知らせのちらしやポスターをお持ちになり
野老澤行灯廊火の協賛してくださるお客さま方もおみえでした。

午後、行灯に協賛者名を手書き文字で入れる仕事をYちゃんと手分けしてくださっている
Oちゃんの到着を待って、Mちゃんとそれぞれ協賛関係の用事で出かけます。
私は社会福祉協議会へ行灯廊火当日にお借りする備品についての打ち合わせのため外出。
もちろん、留守番をお願いしたOちゃんは早速半紙に向かってくれました。
2014.7.114
商店街のTさんも仕事と仕事の合間の数時間に
手伝いにいらしてくださいました。
毎回のイベントの準備や当日に手伝ってくださるTさん。
手際良く片づけてくださいました。
2014.7.113
おっと、髭爺のこともお話しましょう。
昼すぐに外出から戻ってからの髭爺も
やはり協賛をいただきに回ってくださったり
髭爺を訪ねて見えるお客様や 電話での問い合わせに
なかなか「お天王さま」の展示ができないほどの忙しさ。
その間に私と25日からの企画展の打ち合わせをしようとしても
髭爺か私に電話か来客がありたびたび中断。
結局 髭爺はお昼のサンドイッチを一時間以上も掛けて食べるほどの慌ただしさでした。
2014.7.115
Mちゃんは協賛をいただきに回りながら
一年間飾って頂いていた「地口行灯」を回収してきます。
こうして帰ってきた地口行灯に また新しい地口絵を貼り直して当日を迎えるのです。
2014.7.117
次に 私は明日 最後の作業日となる
「チャリティきもだめし」「チャリティこども商店」の準備を始めます。
いよいよ佳境の準備作業。無事に作業完了することができるように大人たちも全面サポート体制を作りたいものです。
2014.7.118
こうしてMちゃんがいつもより早く来てくれた午前10時から
二人でふとおなかが空いたね・・と気がついたのが午後4時。
パソコンにゆっくり座る暇もなく 時間が過ぎていきました。

夕方にはとことこまちづくりT実行委員長が見えて
野老澤行灯廊火のために新調した横断幕の出来上がりを確認。
この他にも行灯廊火当日の模擬店出店者の販売品目がかぶらないようにしていきます。
せっかく出店なさるからにはなるべく気持ちよく参加してほしいというのが
実行委員長のポリシーの一つです。

そして午後7時前
ドアが開くと初老の男性の姿が・・・
「ジャズのチケットありますか?」
一昨年、昨年とジャズコンサートの際にアンケートを取らせていただいたのですが
先月このアンケートの中の「今後の案内を希望します」というお客さま50名ほどに
8月24日開催の「所沢ジャズフェスティバル2014」のお知らせハガキを送らせていただいたのです。
すると思いのほか このお客さま方がチケットをお求めに見えるのです。
今日のこのお客様で6人目かしら?
50枚で6名なんて なんだか嬉しくなってしまうと同時に
こうやって待っていてくださった皆様に本当に喜んでいただけるようなステージにしないといけないと
しみじみ思うのでした。
そういえば昨日の朝打ち合わせにいらしてくださったビッグバンドのKさんも
同じ思いでいらっしゃいました。
「僕たちは忙しくてもいいから本当に良いものを聞かせたいなぁ」
ボランティアで参加してくださるその思いはジャズへの熱い思いでもあるように感じました。

でも、ごめんなさい。
今は「野老澤行灯廊火」に全力投球。
私の中では ジャズはしばし休憩状態です。

そんなわけで駆け足ですぎた今日一日。
なんだかこんな毎日が続いているので
昨日のことか今日のことか分からなくなるほどの慌ただしさですが
とにかくこんなに忙しくなるのも皆さんからのお問い合わせや
企画・イベントへの協賛してくださる思いなど
嬉しい・感謝の気持ちでいっぱいになります。

「野老澤行灯廊火の時 どんなアーティストが出演しますか?」
「またKIDS DANCEの子たちは今年も来ますか?」
「浴衣のモデルさんたちはまた撮影の時に来てくれますか?」
昨年までのことをご存じの方の問い合わせが多い電話内容のようです。

その一人ひとりの「楽しみに待っていてくださる気持」にこたえられるように
明日からもスタッフ総動員で準備にかかります。

あとはお天気を祈るのみ・・・
みなさん、てるてるぼうず・・・よろしくお願いしますね。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://machizounikki.blog39.fc2.com/tb.php/1805-314e51ac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad