町造(まちぞう)日記

所沢のまちを元気で魅力的にするための拠点となるべく、生まれたお店です。

今年のところざわまつり まちぞうはトコろんと共に・・・

今年のところざわまつり・・

毎年雨に悩まされていたのですが
今年は強風・・・
でも雨よりはずーーーーっとましです。
本当に助かりました。

さて、まちぞうスタッフは今年は二手に分かれて
「トコろん」販売にかかりっきりとなります。
maturi1
こちらは青年部屋台村での販売スタッフです。
みんなサンバイザーならぬ「トコロン販売ザー」をつけて準備OKです。
maturi2
野老澤町造商店 まちぞうは「元町東会所」はこんなに華やか
町内のみなさんが山車の到着を待っていらっしゃいます。
maturi3
トコろんも大忙し。
maturi4
おまつりスタート時の「元町コミュニティひろば」にはすでにたくさんの人がお見えでした。
maturi5
こちらが「元町コミュニティひろば」のトコろん販売スタッフ。
やはりMちゃんお手製の「トコろん販売ザー」が光ります。
お客様も思わず 微笑まれるトコろん販売となりました。
maturi6
「屋台村」前では販売PRも欠かしませんでした。


そんなわけで今日は一日トコろん販売に携わっていたので
髭爺カメラマンによる町の景色・山車などを写真で紹介しますね。
maturi9
maturi10
maturi11
maturi8
maturi7
maturi12
maturi13
maturi14
maturi15
maturi16
maturi17
maturi18
maturi19
maturi20
maturi21
maturi22
maturi23

お祭りのお囃子を聴きながら・・・
お祭りを楽しむ人たちの笑顔を見ながらのトコろん販売は、
忙しいながらも楽しい時間でした。
記録写真の撮影担当の髭爺とスタッフGさん。
まちぞうの留守を守る鉄壁のNさんとSさん。
そのほか多くのスタッフや関係者のみなさん。
お疲れさまでした。
片付けも一段落しましたので、そろそろ帰りましょう。

外に出ると商工会議所の職員の方たちが
汚れてしまったマンション前の公開空地(マンション前が広くなっている)を
水をかけながら デッキブラシで掃除しているのです。
特に飲食の油ものなどの販売をしている屋台のあとでは
きちんと養生していないと地面部分をかなり汚してしまうのです。
出店者サイドのマナ―も問われることだと感じるのは私だけでしょうか?

毎年 商工会議所の職員はこの広い通り沿いをひどい汚れがないかを確認しながら
夜中までごみの回収・分別・掃除と動き回っているのです。
なにせ職員といっても女性を除けば実働10名弱の話。
(私ども女性陣も御手伝いを申し出たのですが
働く時間が時間だということなのでしょうか?
先に帰るように言われました・・・すみません)

仕事と言われればそれまでですが こういったみなさんに見えない地道な作業が
あの30万人以上の人出の「ところざわまつり」の一端を支えているのだと思うと
なんだかじんとしてしまいました。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://machizounikki.blog39.fc2.com/tb.php/1599-54c78a96
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad