FC2ブログ

町造(まちぞう)日記

所沢のまちを元気で魅力的にするための拠点となるべく、生まれたお店です。

ほっこり魅力は「トコろん」だけではありません。

さて 銀座通りに今日からかかりましたフラッグがこれです!
「ところざわまつり」
町中 真っ赤になる季節がやってきました。
このフラッグがかかると なんだか俄然活気が出てくるのは
どうやら私だけではないようです。
銀座通りに面した商店の方はもちろん マンションにお住まいの方も
「わくわくするね」なんておっしゃってくださる そんな季節がきたのですね。
nannga
さてさて昨日お話ししました「トコろん」のサンプルが届きました。
どうですか?
可愛いでしょう?
tokoron2
10月1日(火)販売開始予定です。
限定数販売です。皆様 楽しみにお待ちくださいね。

そして 今日タオ書画の西林先生が
11月開催の「まちぞう手作りフェスタ」で教えてくださる作品を
届けてくださいました。
marutona-jyu
象形文字がこんなにやわらかく ほっとするものだなんて知りませんでしたよね。
huraggu
すでにご紹介している「簡単カルトナージュ」
tumami
「縫いつまみ細工の飾り皿」

10月に入りましたら今までのまちぞう講習会参加者の方ヘははがきで
また広報・ポスターなどでお知らせします。
お楽しみに・・・

Okun
午後4時過ぎ・・・
大きな人影になんだか低めの声が・・・・
あ、中学1年生の0君です。
O君は M小学校5年生のころから
毎年「野老澤行灯廊火」「サンタを探せ!」で
子ども商店のボランティアスタッフとして参加してくれている生徒さんです。

今年7月開催の「野老澤行灯廊火」のあと
夏休みになってから来店した時は
あんまり背が高くなったのでスタッフみんなで驚きました。
しかも、変声期に入ったのかなんだかかすれた声になってもいました。

そして今日はもっと背が伸びて
なんと声がすっかり「男性」っぽくなっていたので
またまたびっくりしてしまったのでした。

丁度居合わせた「とことこまちづくり実行委員長」から
「いつも ありがとうね、店長」なんて声をかけていただいて
なんだか ちょっぴり嬉しそうでした。
そして実行委員長が帰られる際、
出口まで送っていき頭を下げ会釈する姿を見たときには
こんなに大きく 立派になっていく彼の姿にじーんときてしまいました。
O君を始め 今まで多くの子どもたちが
まちづくりの企画に参加してくださいました。
最初のころに(旧店舗時代に)参加してくれた子どもは
たぶん 大学3年生の年齢になっているはず・・・
歴史をかんじちゃうなぁ・・・
所沢の数多い魅力の一つは・・・
ゆるきゃらの「トコろん」だけではありません。
こんなに可愛い、すてきな子どもたちこそ町の宝ですものね。
地域の中で育った子どもたちが、やがて地域の作り手となる。
見守る大人たちの責任は重大ですね。

明日は木曜日。まちぞうは定休日となります。

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://machizounikki.blog39.fc2.com/tb.php/1576-cadcbc87
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)