町造(まちぞう)日記

所沢のまちを元気で魅力的にするための拠点となるべく、生まれたお店です。

子ども商店・きもだめし準備のこどもたち 最終日でした。

6月22日、29日と毎週土曜日の午前中に
みんなで集まって作業していた
「子ども商店・きもだめし」の準備日もいよいよ今日が最後です。
今朝9時・・
まだスタッフもいないお店に一人・・・
hayaikodomo
「どうしたの?」
hayai
作業開始の集合時間は午前10時
まだ一時間もあるけど・・
kodomo
「今日は用事があって早く帰らなくちゃいけないし
やり残したことがあったし・・・友達が休みだから・・・」
彼女はこのあとものすごい集中力で作業を済ませ11時には大急ぎで帰っていきました。
お疲れさまでした。
kimo
さてそのほかのグループも作業は佳境に入っている様子。
実際に作業を進めるグループや
当日の話し合いもグループもいたようでした。
kimo3
まちぞう店内はこんな感じです。
ここに東京堂時計店のYさんやまちぞうスタッフOちゃん,Tちゃん,Sちゃん
そしてまちぞうスタッフ 肝試しのスペシャリストSさんもいるのですが・・どこにいるかも わからない!!

12時すぎ 
子どもたちに保護者あての「野老澤行灯廊火」当日のプリントを渡し
スタッフは大急ぎでお昼ご飯を済ませます。

午後1時
今度は行灯貼りの作業や 各会場の看板作り
きもだめしの入場整理券の印刷にナンバリングを打っていく作業など
次から次へ仕事を進めます。

町造スタッフSさん、Nさん、Sさんも到着するやいなや
すぐに作業体制に入ってくださいました。
sagyou2
satu
チケット印刷
hatu
印刷したチケットにナンバーを打っていきます。
taka
子ども商店の販売品のチェック
さて、今日もこんなお知らせをご紹介しましょう。
kimo5
まちぞうで何度も講習会を開催してくださっている
タオ書画の西林先生が生涯学習センターで
こんな素敵なうちわを作られるそうです。
tao1
詳しくは生涯学習センターまでお問い合わせください。

さて、連日作業に追われているスタッフは私を筆頭に
さすがに疲れがたまってきました。

明日はまたY子ちゃんがいらしてくださり
行灯の側面に協賛の方のお名前を書いてくださる予定です。
そして月曜日にはそれを貼る作業にまたスタッフが集まり作業を進めます。

出演者の方。模擬店の方。
工学院大学の学生さんへも細かな連絡事項をメールします。
メイン会場の元町コミュニティ広場での準備も確認しながら進めます。

ステージの進行表もまちぞうスタッフNさんが作ってくださっています。

こうやって沢山のスタッフ初め協力者のおかげで
イベントが形になっていきます。
まだまだやらなくてはならないことがたくさんあります。
そして毎日実行委員長も町像に寄られては
細かな確認作業をなさいます。
体調がすぐれない中 本当に申し訳ない気持ちになってしまいます。

そう言えば閉店前の掃除をしていると
所沢中学校のU先生が顔を出してくださいました。
いつもお優しい笑顔の素敵な校長先生ですね。

そして閉店後の帰り道。
通りの向こうから走って駆け寄ってくる姿がありました。
中学3年生になったAちゃんです。
小学生の時にきもだめしに2年連続で参加してくださった彼女は
すっかり受験生の顔になっていました。
「きもだめしに 私の後輩がお世話になっているんだ
よろしくね」
なんとも頼もしい先輩になったものです。
なんだかおかしいような 嬉しいような気分になりました。
kimo4
そして きょう最後の一枚です。
背筋の凍るようなこわぁぁぁぁい二人組がまちぞうに現れたのでしたぁぁ。。。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://machizounikki.blog39.fc2.com/tb.php/1527-5135975a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad