町造(まちぞう)日記

所沢のまちを元気で魅力的にするための拠点となるべく、生まれたお店です。

今日は斉藤俳小星さん

今日は斉藤俳小星さんの娘さんが展示を見に来てくださいました。
俳小星
娘さんは俳小星が受取った何枚かの賞状や感謝状などの資料を持ってきてくれました。
昭和37年1月1日の委嘱状は、天皇詠進俳句會に評議委員を委嘱されたものでした。
俳小星は昭和39年に亡くなったので、活動は出来なかったそうですが、俳句会そのものがおこなわれたかはわからないそうです。
また俳小星は今のハンセン病の療養所に俳句を教えにいくなどの活動をしていたそうで、その行いが認められ昭和38年埼玉県から感謝状が送られました。
当時ハンセン病はらい病といわれ、感染を恐れ患者さんは隔離されていました。そこへ行く人は当時はほとんどいなかったことを思うと、俳小星さんの素晴らしい人柄がわかるような気がします。
お客1
娘さんに所沢神明社にも俳小星の名前が刻まれたものがあると聞いて行ってみました。
所沢神明社には所沢市俳句連盟創立三十周年記念碑が建っています。
記念碑1
その初代会長が斉藤俳小星です。はじめに名前が記されています。
記念碑2
所沢市俳句連盟創立三十周年記念碑の隣には、三ケ島葭子の碑も建っていました。
みかじまよしこ碑

今日は知り合いに聞いて見に来ました、というお客様が多かった日でした。
広報などを見て、偶然通りかかって、口コミで、どんなきっかけでも来ていただいたお客様には楽しんで、満足して帰っていただきたいものです。
そのためにはどんな内容で、どのような展示方法で行えばいいのか、常にアンテナをはりめぐらせているのが、まちぞうです。
お客2
お客3
お客4
お客5
お客6

所沢市シルバー人材センターの方が持ってきてくれました。
シルバー所沢「つどいの樹
所沢市シルバー人材について関心のある方は青字をクリックしてください。
冊子

お花見はしましたか?今週末が最後になりそうです。
まちぞうがある元町付近もたくさんの桜があります。自分だけの桜が見つけられるといいですね。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://machizounikki.blog39.fc2.com/tb.php/1449-6c38c632
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad