町造(まちぞう)日記

所沢のまちを元気で魅力的にするための拠点となるべく、生まれたお店です。

またまた春の嵐

今日も朝から強風がふいていました。午後になると風は益々強くなる予報。春の嵐です。
朝から強風対策を行いました。
ドアは手動、シャッターは半分閉めることにしました。お客様が店が休みと誤解しないようシャッターに貼り紙をしました。
風1
貼り紙を貼る作業だけで大変でした。一枚一枚そのたびに外に出て貼ればいいのですが、つい数枚まとめて貼ろうと外に出ると、とたんに強い風で紙がくちゃくちゃに・・・
風2
なんとか貼ることはできましたが。
風3
所沢市役所で震災復興を願って、研修会が行なわれます。(市役所職員対象)
そこでスタッフMちゃんが講演することになりました。(サポートにOちゃんが入ります。)
二人は昨年大槌と東松島それぞれに「サンタを探せ!」のボランティアに参加しました。その時のことを講演するのです。
今日はその打ち合わせで市役所の担当者Yさんお二人がみえました。
スタッフMちゃん、Oちゃん、店長と打ち合わせを行いました。
今回は参加対象が市役所職員の方のみだそうですが、ぜひ広く市民も参加できたらいいなと思いました。
打ち合わせ1
店長と話をしているのはハンドクラフトジョイのOさんです。ハンドクラフトジョイさんには手作りイベントでいつもお世話になっているのです。
打ち合わせ2

こんな天候の中、お客様がきてくれました。
お客さん1
お客さん2
お客さん3
この企画展に入ってから、このような天候が続いています。穏やかな日は多くの方が足を止めてくれるのですが、みなさん強風で文字通り足が止まっています。用事を済ますだけで精いっぱいのようでした。
他のところに寄る余裕はないのかもしれません。

2013年3月15日(金)発行の市民新聞に「雑学ところざわ展」の記事が載りました。
記事には資料からいくつかのエピソードが紹介されています。
新聞
江戸時代の所沢に象が!多摩郡中藤村(現武蔵村山市)に住む陰陽師・指田藤詮が遺した日記に「所沢の薬王寺開帳で象の曲芸を見物」とあります。
象
明治初期に熱海から樽詰めの温泉を舟で江戸、さらに川越へと水運を利用して運び、所沢にも6樽が着いた、と記録にあります。
これは三ヶ島村の「ゆや」です。
湯湯や
もっと詳しくお知りになりたい方は「雑学ところざわ展」へ足をお運びください。たくさんの資料が展示してありますのでおもしろい資料が見つかるかもしれませんよ。

お知らせです。
「ハンドベルコンサート」ハンドベル クワイア アリエッタが結成10周年を記念してコンサートを開催します。
平成25年3月31日(日)
15:00開場/15:30開演 所沢市中央公民館ホール
入場無料 お問い合わせ 090-8496-7957(澤田)
ちらし

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://machizounikki.blog39.fc2.com/tb.php/1441-7a61f2c8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad