町造(まちぞう)日記

所沢のまちを元気で魅力的にするための拠点となるべく、生まれたお店です。

冬に逆戻り?!

昨日は各地で気温が上がり、温かいというよりは暑い日でした。
風も強く、まちぞうの看板が倒れたそうです。ドアが開くと展示物が飛んだりして当番だった髭爺は大変だったようでした。
今日は打って変わって冬日です。ようやく温かくなり店内も過ごしやすくなったと思ったのに、また震えて過ごした一日でした。

屏風を貸してくださったSさんがお友達と来店なさいました。
屏風はもちろん、展示品を友人の方に改札なさりながら嬉しそうに見学してくださいました。
まちぞうの展示は お雛様の時もそうでしたが
いつも町の方、市民の方の協力があっての開催だということをいいも感謝しています。
お客様1
お客様2
今日来店されたお客様の様子です。
展示していた印刷物のミスを教えてくれたお客様。
いつも見ているはずなのに意外に気が付かないものです。お客様にはそれだけじっくり読んでいただいている、ということですね。
お客様3
お客様4
女性のお客様はねこのストラップで立ち止まり、じっくりと選んでいました。
女性はかわいい小物に弱いのです。
お客様5
お世話になっているハンドクラフジョイのK先生がみえました。今後のまちぞうとの活動について、店長とスタッフMちゃんと話をしていました。
K先生の作品はいつも人気があります。とても素敵なんですよ。
ハンド

「雑学ところざわ展」を少し紹介します。
こちらは所沢の洋画家「山路真護」です。
明治33年(1900年)に所沢町の上仲町(現在の所沢市元町)に生まれました。
昭和5年からフランスに留学し、サロン・ドートンヌに入選。エコール・ド・パリの同時代を過ごした画家にはシャガール、モディリアーニ、藤田嗣治などがいます。
画家
昭和27年、全日空の依頼により山路慎護が同社のマークをデザインしました。
それがこの写真のもの。懐かしいと感じる方も多いのでは。
マーク

店内に入って正面の所には、5月らしい織物で作った兜や幟(のぼり)、ねこのストラップ、鯉の置物を置いてます。
どちらも所沢市人形協会加盟店の人形店さんに協力していただきました。
とてもかわいいので、見にきてください。
観光

とことこまちづくり実行委員長のTさんが来店。店長とタワーまつりの打ち合わせです。
いつも陽気なTさん。真剣な話でも楽しい雰囲気になってしまいます。
これからは具体的で細かい打ち合わせが多くなるのでしょう。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://machizounikki.blog39.fc2.com/tb.php/1436-d6d48e53
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad