町造(まちぞう)日記

所沢のまちを元気で魅力的にするための拠点となるべく、生まれたお店です。

セレモアつくばで「手まり教室」

今日は立春。暦の上では春です。昼間は温かな一日でした。
「野老澤雛物語」の手作り講座「手まり教室」がセレモアつくばさんで行なわれました。
店長がその時の様子を写真に撮ってきてくれました。
みなさん楽しく作業をしていたそうですが、手まりはなかなか難しかったようです。
今日の手まり教室の生徒さんは、午後にまちぞうにも遊びに来てくれました。その際にまちぞうで販売している手まりを買っていかれました。
手まり1
手まり2
手まり3
手まり4
昨日は旧ひばり屋さんでのイベント「そらふね&haha-katsu」が開催されました。ここに来たお客様がまちぞうに足を運び、まちぞうのお客様が旧ひばり屋のイベントに行きと良い相互作用がありました。
どちらのイベントも大勢の人で賑わいました。

まちぞうは今日もたくさんのお客様が来てくれました。
お雛様は人気がありますが、市松人形の着物は、その完成度の高さにみなさん驚かれます。
人の赤ちゃん用ですか、と聞かれることも度々でした。

また、家に雛人形はあるけれど何年も飾っていない、と言う方も多いようです。
そういう私もその一人です。お雛様を飾るのって以外に大変なんですよね。
まちぞうにはたくさんのお雛さまが飾ってありますので、こちらで楽しむのもいいかもしれません。
お客様1
母娘で。
お客様2
お一人で。
お客様3
デイサービスのみなさんで。
お客様4
お客様5
お客様6
お客様7
こちらもデイサービスの方。
お客様8
小さいお子様と。
お客様9


商業セミナーのご案内です。
「人を、店を、まちを元気に!地域に根ざしたまちづくり」
講師 みやのかわ商店街振興組合 前理事長 島田 憲一氏
日時 平成25年2月7日(木)18:30~20:00(受付18:00)
場所 所沢商工会議所 会議室
詳しくは所沢商工会議所まで

ちらし

手作り教室「香木で楽しむ香袋」の見本写真です。この香袋は、吊り雛の細工の一つです。(下記参照)
吊り雛に興味がある方はぜひ受講してみてください。申し込みはお早めに。
まちぞう2928-1453までお願いします。
香袋
(つり雛は)現代では、桃(長寿)、猿っ子(魔除け)、三角(薬袋香袋)を基本として50種の細工がある。これらを5列の赤糸に各11個の細工をつるし計55個にそろえ、これを対で製作することにより110の細工がつるされたものが基本型とされる。 一般に直径30cmのさげわに170cmの長さで吊るされ、飾りの数は3、5、7、9などの奇数で組み上げられる。この理由は、前述した様に縁起物であるため、割り切れる数字(偶数)を避けてのことである。古裂などを使い、鞠や雛などを制作しひもで繋いでつるしていく、地元女性の和裁細工として受継がれて来た。(Wikipediaより)

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://machizounikki.blog39.fc2.com/tb.php/1401-4a248ba0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad