町造(まちぞう)日記

所沢のまちを元気で魅力的にするための拠点となるべく、生まれたお店です。

「野老澤雛物語」準備中

今日は一日、明日から始まる「野老澤雛物語」の準備でした。朝からスタッフが集合し、お雛様の飾りつけがはじまりました。
スタッフに加え、雛人形をお借りしたお隣のYさんも手伝いにきてくれました。
そして飾りつけには、小寺人形さん、すだれやさん、白山堂さんも来てくれました。
人形のプロのみなさんには、店の道路側のウインドウに平成のお雛様を飾っていただきました。さすがに人形のプロ。あっという間に飾りつけが終わっていました。その一方でまったく進まないのが、私たちスタッフの飾りつけ。見かねて3人のプロがこちらも手伝ってくれました。(というよりほとんどやってもらいました。)
段飾りは段を作って人形を置いてから、それぞれに道具を持たせたりしますが、上の段に人形は幅いっぱいの所に設置するので正面から腕を伸ばしてやらなければなりません。これが結構大変なのですが、小寺人形さんに良い方法を教わりました。みんな「なるほど」と感心しまくりでした。
準備1
準備2
準備3
準備4
準備5
準備6
これが段をつくった後に、上の段に楽に飾りつけをする技です。
準備7
準備8
お人形サイズの素敵な着物が時代順に展示されました。
着物
時代ごとのお雛さま飾りができました。
雛
さるぼぼは、ウインドウに飾られました。
さるぼぼ
ひな祭りをしているこども達(人形達)。
おままごと
有尾文也さんが、雛飾りを観に来てくれました。スタッフの説明を熱心に聞いていました。期間中また来てくださいね。
有尾くん
秋月 小寺人形さんは今まで使っていた思い出の帯を、雛人形の衣装にしてくれます。まちぞうの店内にも展示しています。製作の工程も紹介していますので、観にきてくださいね。
小寺人形さんのことは、2013年2月1日号の「ショッパー」に紹介されています。

朝から準備がはじまり、午後7時までかかってようやく形になりました。まだ細かい作業が残っていますが、明日からの公開は大丈夫です。
雛飾りにつるし雛、帯結びや飾り結びなどが華やかに飾られています。一見の価値はあります。
みなさん、ぜひ遊びに来てください。手作り教室参加者も引き続き募集しています。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://machizounikki.blog39.fc2.com/tb.php/1398-607d85f1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad