町造(まちぞう)日記

所沢のまちを元気で魅力的にするための拠点となるべく、生まれたお店です。

蓄音機で聴くSPレコード鑑賞会 大盛況でした

朝、8時半すぎ・・・
いつもより早めに店長が出勤すると
毎日ランドセルを背負って歩いている子供たちの違い日常が見えたといっていました。

まず姉弟のごきょうだい。
「こんなに早い時間 どうしたの?」と店長
「おばあちゃんちに泊まっていて、今、帰ってきたところ」
小さな紙袋に着替えが入っているのでしょう。

次に大きな虫かごを抱えて走ってきた女の子。
「どうしたの・何が入っているの?」
見るとたくさんの精霊(ショウリョウ)バッタが入っていました。
聞けば中央公民館の近くの草むらにたくさんいるんですって。
所沢のこのマンションの町にも たくさんの自然が残っているのですね。

お休みの朝。
いつもと違う子供たちに会ってなんだか うれしくなったと話す店長でした。


さて まちぞうでは 昨日のブログで告知した通り「蓄音機で聴くSPレコード鑑賞会」午後2時~午後3時 入場無料が行なわれました。
朝、早速問合せの電話がありました。大宮の方からでした。今回のイベントはいろいろな所に取り上げていただきました。その効果が現れています。
午後1時に蓄音機が搬入されます。
oto3

oto2
oto1
oto4
oto5
oto6
プログラム
1、ラヴィアンローズ 山口 淑子(エディット・ピアフ)
2、小さな喫茶店   中野 忠晴
3、ボタンとリボン  池 真理子
4、ダイアナ     ポール・アンカ
5、モナリザ     レイモンド・コンデ
6、若すぎて(Too Young) ナットキングコール
7、帰れソレントヘ  スキーパ
8、オー・ソレミヨ(私の太陽)ジーリ
9、庭の千草    エレナ・ベルガー
10、椰子の実 東海林 太郎
11、宵待草  藤原 義江
12、城ケ島の雨 奥田 良三

どの曲もSPレコードで演奏されました。
chikuonki

録音時期も一番古い「帰れソレントヘ」は明治35年 1902年
もっとも新しいものが昭和32年の大ヒット曲 「ダイアナ」ですもの。


「聴きに来てくださるかなぁ・・・」
今回 ご協力いただいている蓄音機の所有者でいらっしゃるSさん。
少し不安そうでいらっしゃいましたが、・・とんでもありません。
1時半過ぎから お客様が次から次にお越しになり
ここまでに40名以上の方でまちぞうは満員になりました。

74cm径の紙製のラッパから響く歌声は
驚くほどの迫力で 今 聞いても素晴らしいの一言でした。
これにはお客さまもびっくりなさっていました。




鑑賞会のイベントが終了すると、私は近くの所澤神明社さんに行きました。今日は秋の例大祭が行なわれているのです。この祭典は年間で最も重要なお祭りだそうです。
私は午後4時過ぎに行きました。大盛況の鑑賞会だったので、お客様がSさんを囲んで話をはじめ、片付けと復元が予定より遅れてしまいました。
神明社に着くと、御神楽の奉納がはじまっていました。「住吉三神 五人囃子」の神楽でした。
七夕祭りの時より人出は少なかったのですが、午後8時までなのでこれからひとが増えるのでしょう。
境内は秋めいていて、気持ちがよかったです。
新明社1
神明社2
神明社3
神明社4
神明社5
久しぶりに鳥船神社も見て来ました。所澤神明社の中にある小さい神社です。回りに人が少なかったので、ぐるりと一回りしてみました。
すると、こんな鶴と飛行機があったんです。なんとも可愛らしいですね。
鳥船神社1
鳥船神社1
鳥船神社2


明日は引き続き「野老澤臨時観光案内所」で開店します。皆様の来店お待ちしています。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://machizounikki.blog39.fc2.com/tb.php/1299-d66156a8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad