町造(まちぞう)日記

所沢のまちを元気で魅力的にするための拠点となるべく、生まれたお店です。

今日でJULEPSのみなさん 全員とお会いしました。

今日も朝から、店の前の道路で配水管布設替工事を行なっています。
聞くところによると、21日の「野老澤行灯廊火」当日も工事は続いているそうです。
土曜日も工事だなんて かなり急いでいるのでしょうか?
それにしても座っていてもおなかにビンビン響いてきます。
配水管工事
配水管工事
そうそう、今日は朝から梅雨とは思えない良い天気でした。もう、まさに夏本番って感じです。
こんな日は、お客様もまちぞうに足を運んでくれます。

お客様1
お客様3
大学の学生さんも、きてくれました。
今日で3回目の来店です。
大学の研究の一環として、まちぞうを利用してくれています。
店長の話を、とても熱心に聞いていました。
大学生
午後も、お客様が何組もきてくれました。
皆さん、当時の所沢の様子をご覧になり、懐かしんでいただきました。
所沢の七夕祭りは、数年でなくなってしまったそうです。
当時の写真を見ると、モノクロ写真ですが華やかな七夕飾りで
とても盛り上がっていたんだなと感じさせます。なくなってしまって残念です。
でも、まちぞうの店内は七夕祭りの写真でいっぱいです。
雰囲気を味わいたい方、ぜひ、まちぞうへ足を運んでくださいね。
お客様4
お客様5
今年の行灯の絵を、Nさんが届けてくださいました。
Nさんはこの「行灯廊火」が始まってからずっと毎年100枚ほど描き続けてくださっています。
これが、地口絵なんですね。
私は本物を初めて見ました。
これを行灯に貼ります。
その作業もこれからです。地口絵
町造スタッフ一同「行灯廊火」当日まで、フル回転でがんばっています。

そして閉店直前に JULEPSの松山さんが見えました。
今までに有尾さん、岡さん、佐藤さんにはお目にかかりましたが
今日初めてリーダーにお会いしました。

8月の企画展の打ち合わせだそうで
店長やスタッフのみなさんと丁寧にメモを取りながら話していらっしゃいました。

でも、お出ししたチョコレートを顔につけてみせようとして・・・
matsuyama1
落っことしてしまったり・・・
なんだかお茶目な所のある方のようですね。

matsuyama2

それにしても町造では「行灯廊火」だけでなく
現在の企画のお客様の応対始め、大学生などの勉強への協力
そして次の8月の企画準備やその先の秋の企画・・・
店長は来年2月の企画の打ち合わせも電話で調整をしています。

いくつもの同時進行の中で手伝ってくださるスタッフの方たちのレベルの高さにも驚くばかりです。
ボランティアというと自分の得意な事とか
好きな事をやるのかと思っていましたら
まちぞうのスタッフの方はなんにでも積極的に向かう姿には驚いてしまいます。

さて、まもなく午後7時半を回ります。
私たちは一足先に失礼しますが 店長と松山さんは真剣に打ち合わせ中。
それにしても7時過ぎまで表の工事の音ががんがん響いていました。
本当に大急ぎの工事なんでしょうか?
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://machizounikki.blog39.fc2.com/tb.php/1241-600f295e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad