町造(まちぞう)日記

所沢のまちを元気で魅力的にするための拠点となるべく、生まれたお店です。

忙しい合間に心をいやす花達でした。

実はおととい人形協会のKさんがまちぞうの看板を自宅にお持ち帰りになって・・・
今朝、また持ってきてくださいました。
わかりますか?
この看板 いままでとどこが違うでしょうか?
kannbann1
そうなんです、昨年3月の東日本大震災の日に倒れて亀裂が入ってしまった看板を
一泊の入院?で直してきてくださったのです。
看板
この亀裂がどんどんひどくなってきていたのですが
kannbann2
どうですか?こんなにきれいに生まれ変わりました。
Kさん 本当にありがとうございました。

私は朝から大忙しとなりました。
まず7月21日の行灯廊火のポスターの素案を作り
また5月13日に終了したとことこタワー祭りの請求書関係のチェック
秋の企画の問い合わせなどなど・・・
気がつけばお昼を回っています。

そして 明日から始まる「花づくりから始める景観まちづくり」
役所の都市計画課の皆さんが午後2時過ぎに到着
展示物を運び込みます。
準備1
トコガーデナーの皆さんの綺麗な庭の写真が運び込まれました。
準備2
準備3
そして目を引くのはこの素晴らしい花達です。
準備4
店の中にも花が並びます。
aka
これは鉢も本当にシンプルで素敵ですね。
pink
satuki
明日から27日までの展示となります。

自分にできる花づくり・・
この町に似合う花のある風景とは?
今回の企画の中で考えていくことが沢山見えてくるようです。

夕方 今度は中央公民館に出かけます。
7月開催の先程も触れました「野老澤行灯廊火」関連の話です。
この元町コミュニティ広場は所沢中央公民館と図書館の前に広がるスペースです。
四方を高層マンションなどに囲まれて
お祭り・イベントを数々行う広場なのですが
近隣に住まいの方へ気を使うのが「音」です。
マイクを通した声や演奏などの音から
電気の設備がないために イベントによっては発電機を何台も持ってこなくてはならなくて
その発電機の音も大きなモノが5つ、6つとなると
かなり勇ましい音が鳴り響くのです。

そんな環境の広場でどうすればうまくイベントを運営できるか?
かねてよりとことこまちづくり実行委員長も気にかけていらしていて
今日はどの打開策のひとつになれば・・というお話を持参させていただいたのです。

「音」
これは聞く人によっては素晴らし音楽であっても
ある方にはただの騒音でしか無かったりと
本当にデリケートな問題です。

そんな難しい話をして帰ってくると
秋に「ボニージャックス」さんをお招きして絵本朗読のコンサートを開催予定の
保育園の先生方にお目にかかりました。
この秋 ボニーさんの所沢出没率がぐんとあがりそう・・
秋 9月の彼らのスケジュールに要注意です。

そして5時半・・・
昨日店は休みでしたが役所に出かけて
都市計画に確認をお願いしていたポスター・ちらしの印刷にかかります。
これを各まちづくりセンターに配布していただくための書類を作り・・・
まだまだやることは山積ですが・・時計はもう7時を回ってしまいました。

明日やることをメモってふと店内を見渡すと。
usagi
お花達が笑いかけるように咲き誇っています。
よし、あしたもがんばります。

期間中開催予定の「押し花リース」「ドライリース」各講習会
以前からご案内していますが
明日再度詳しくご紹介しますね。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://machizounikki.blog39.fc2.com/tb.php/1219-27ad6f44
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad