町造(まちぞう)日記

所沢のまちを元気で魅力的にするための拠点となるべく、生まれたお店です。

「このまちを歩こう~みどりを感じながら~」初日はクロスケの家へ・・

いよいよ「まちをこの歩こう~みどりを感じながら~」初日となりました。
日差しは明るく暖かいのですが
気温は3月初旬とか・・
風も冷たく季節が逆戻りしたように感じます。
キャプション
昨日 飾り付けを終えた店内は
すっきり明るい感じに仕上がっていました。
展示5
そして今回の企画展ではこの「お三方」が目立っているようですよ。
展示6
お掃除をしながら彼らを見ているうちに・・
キツネ
なんだかその目線の先に「森」が見えてくるような気がしてきました。
この目に最後に映っていた「森」はどんな「緑の森」だったのかしら?
この潤んだ瞳がどことなく切ないなぁ・・・
タヌキ
今回の展示は「文字情報」より
写真で訴えているところが多いのですね。
展示6
展示7
展示10
そういえば毎年夏に開催される「野老澤行灯廊火」も映っていました。

そんな昼過ぎ
またまたスタッフSちゃんに店をお願いして
スタッフKさんと「クロスケの家」へ・・・
実は 私は今日初めて御邪魔させていただきました。
クロスケ1
駐車場から振り返ると
なんだか宮崎アニメを切り取ったような風景が見えました。
クロスケの家
クロスケ2
クロスケ3
丁度 ハイキングの団体の方がお昼を召し上がっている時間帯だったようで
かなり混雑していました。
クロスケ4
クロスケ7
これで風が冷たくなかったら
この縁側 まったりできそうですね。
クロスケ8
蔵の中に展示してある「引き出しの中のトトロたち」
壁際一面にある沢山の引き出しのいくつかに展示されていたのですが
この演出がとても面白くて楽しく感じました。
大人も子供も そこにある引き出しの数だけの夢がありそうで
閉まっている引き出しにも思わず手を伸ばしたくなってしまいます。
トトロ2
クロスケ6
クロスケの家は築100年以上たっているそうで
建物の中は指しものの立派な障子や唐紙・天井板は当時のままと思われるものもありましたが
二階などはこんなにきれいな板張りとなっていて
イベントなどに使用できるように照明なども素敵なものでした。
クロスケ9
まだまだほころびかけの花が最後に私たちを見送ってくれます。

クロスケの家までの行程にも
沢山の桜の木が 満開だっったり、五分咲きだったりと
私達の目を楽しませてくれました。

店に戻るとスタッフMちゃん、Tちゃんも集まってくれて
今度は5月13日開催の「とことこタワーまつり」の準備です。
3人にはフリーマーケット会場の確認をしてもらったのですが
まさに雪でも降りそうな気温の中
本当に悪かったぁ・・と反省です。

3人が戻ってきたら今度は私が各商店を回り
「ウォークラリー」の参加の可否を確認します。
一軒、一軒お店をお尋ねすると
「久しぶりだね」とか
「このごろどうしてるの?」と声をかけていただきました。

日曜日あたりが桜の満開と思っていましたが
今日土曜日に見た限りでは
来週末まで桜の見ごろは伸びそうな感じでしたね。

昨年の桜は震災直後のこともあり
私にとって「悲しく寂しい思い出」となっていました。
多くの方にとって今年の桜は特別な思いがあるのではないでしょうか?

綺麗な花をつければつけるほど
花もたわわに枝一杯になればなるほど
昨年・今年と桜を見られなくなってしまった多くの方の思いを感じてしまうのでしょうか・・
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://machizounikki.blog39.fc2.com/tb.php/1169-a11ba62c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad