町造(まちぞう)日記

所沢のまちを元気で魅力的にするための拠点となるべく、生まれたお店です。

今日はフル回転・・お客様が途切れない一日でした。

今日は久しぶりの日曜勤務。
風の少ない朝・・・寒さも心なしか薄らいできたように感じます。
午前9時前、いつものようにカギを開け、看板やパンフレットラックを表に出し
いつものような朝・・・・
さるぼぼもこんなにたくさん仲間が増えて 道行く人の目を楽しませてくれています。
02262
お湯も沸かして、照明も付けて、開店準備OK。
しばらくパソコンに向かっていると「ピンポン・・」
自動ドアの前に人が立つとこんな音がします。

ピンーーーポンーーー
「はぁい」パソコン画面から目をあげて急いで表へ出ると・・・???
誰もいません。
おトイレかしら?いいえ、からっぽです。
時計を見ると9時45分・・一体だれ?
ふとふり向くと たくさんの目線がこちらを見ていました。

おはようございます。
私が朝の挨拶を忘れたからなのかな?
ちょっとぞくっとした朝となりました。

さて 一昨日ご紹介した生涯学習センターでの企画の続報です。

毎月山口公民館で開催されている「所沢飛白(がすり)勉強会」についてです。


所沢飛白(がすり)勉強会
毎月第1日曜日に山口民俗資料館で開催している所沢絣復元の勉強会を、期間中は展示会場で行います。どなたでもご参加いただけます。絣糸作りや機織りが体験できます。
日時:3月4日(日曜日)午前10時から午後3時の間(随時入替)

織物体験
所沢絣の機織りが体験できます。資料の解説も行います。
日時:
第1回 2月23日(木曜日) 終了
第2回 3月18日(日曜日)
いずれも午前10時から午後3時まで(随時入替)
(織物体験第2回の日はセンター全館で「生涯学習フェスティバル」を開催しております。
そちらもあわせてご覧ください)



さて、日曜日の午前中はいつもお客様が少ないと思っていましたが・・どうして、どうして・・・
朝からカメラを抱えた方
都内 板橋から見えたご夫婦
インターネットで調べてここに来ればお雛様がみられるとお越しになった方・・・
中には金曜日に所沢市役所に電話を入れて
「お雛様で有名な所沢なので どこかでお雛さまの展示しているところを教えてほしい」といったところ
まちぞうを紹介してくださったというお客さま。

12時にお昼ご飯を食べようとしたことはおぼえていたのですが
最後のお客様をお見送りしたのが午後6時半・・・

お雛様の魅力って本当に信じられないほどすごいものなのですね。
02264
02265
02263
02266
一度 御湯呑を洗ったけど
すぐにまたこれが全部なくなっちゃいます。
お湯もポット1本では足りなくなってしまいました。
02261
「男の子なんだけど お雛様が好きみたいで・・・」
何度も店の前を通っては覗いていたことは知っていましたよ。
二人で折り紙を2枚ずつ選んで持ち帰っていかれました。

午後早い時間には「所沢飛白(がすり)勉強会」
M先生がお見えになりました。
3月10日からの「明治の所沢飛白、大正の湖月縮 所沢織物の軌跡」で使用させていただく資料を
わざわざお届けくださったのです。
本来でしたらこちらからお伺いするべきところでしたが
今回の企画の親分となる「髭爺」がインフルエンザでダウンなさっていたために
先生 自らお持ちくださいました。

その中で色々また教えていただきました。
本当にこういうお話ってずっと聞いていたら時間のたつのを忘れてしまいそうに楽しいものですね。
メモを取りながら「へぇ」「ほぉ」の連発でした。

今日 お目にかかったSさんという方。
織物の次の企画 4月に予定しているまちぞう企画「この町をあるいてみよう」にご協力くださる方。
いえ、今日初めてお目にかかりご協力いただけることになりました。

実はひょんなことからSさんの書かれた文章を拝見し
どうしてもお目にかかりたいとあちこち調べて紹介していただいたのでした。
ところが、なんとスタッフKさんと面識があって
結局 今日は3人で企画のことでお話することができたのです。

この人にお会いしたい・・念じれば通ずることってやはりあるのですね。

この他にも音楽関係のことで コンサート実行委員会で次のコンサートの話がでているのですが
そんなことをご相談できるこちらもまた別のSさん。

沢山の方が 入れ替わり立ち替わりまちぞうにお見えになっては
様々な情報が行き交っていきました。

そのあとも とことこまちづくり実行委員長がいらしたり
重松流祭囃子のNさんなどなど・・・
私たちが打ち合わせをしている周りでは、一日中お雛様をご覧になるお客様がいらしたり
手作り教室の問い合わせがあったり・・
私は椅子から立ったり、座ったりで 夕方には膝がガタガタでした。




スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://machizounikki.blog39.fc2.com/tb.php/1138-182d4a05
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad