町造(まちぞう)日記

所沢のまちを元気で魅力的にするための拠点となるべく、生まれたお店です。

明日から手作り教室始まります。

午前中から雨が降り出し、今日はお客様も少ないかしら…そんなことをスタッフと話していたら、なんのその、お客様は相変わらず切れ目なくいらっしゃいます。
店内1
こちらのお客様はお若いのに博識で、逆にこちらがいろいろ教えていただきました。
店内2
修理
今日も人形協会の白山堂さんが顔を出してくださり、古いお雛様をきれいに修理してくださいました。
男性客
それにしても・・・なぜか今年は男性のお客様が多くお見えになります。


国策雛
こちらの国策雛 1体 1円68銭とありました。
その頃のことを調べてみました。
昭和19年当時、巡査の初任給が45円。
早稲田大学と慶応義塾大学の文系学部の1年間の授業料が、それぞれ340円と350円。だそうです。
段飾りで少なくともお雛様だけで15体。
これにお道具やら右近の桜・左近の立花を入れると・・・
高価なものだったのですね。
国策びな2
昭和16年生まれのお客様が思わず
「私と同じころのお雛さまでしょ?」といい当たられた昭和19年のお雛様。
osusume1
と・・・
毎年こういうことが起こるのですが。
どこからともなく声が聞こえてくるのです。

「私どもが首を長くして 皆々さまをお待ち申し上げておりますのよ。」
osusume2
まだ いらっしゃらないとは なんたること!!」
osusume4
「早くいらっしゃいませよ。毎日こうしてお待ち申し上げておりますのに・・・」
osusume3
今日 人形協会のKさんからこんなことを教えていただきました。
親王雛・・こんなことを話しているのだそうですよ。

親王(男雛)  「無道人短」言うまいぞ 人の短所を
内親王(女雛) 「有言己長」言いませぬ私の長所も

こんなことを話すご夫婦ってなんだか神様みたい。
そういえば、お人形さんとはいうけど お雛さんとは言わずに
「お雛様」って言いますね。

色々知れば知るほど お雛様の魅力は募ります。
osusume5
「まぁ、とにかくわしらに会いにいらっしゃいなぁ」

そして間もなくテレビでは待ちに待ったスーパーボールが始まります。
わざと結果は見ていません。
マニングが勝つんじゃないかな?なんてわくわくしながら見ます。
けど、終わるのが2時半かぁ・・・
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://machizounikki.blog39.fc2.com/tb.php/1124-97709b64
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad